ファンダム

カジノ攻略法の中でももっともメジャーなマーチンゲール法を解説します。

攻略ロジックをカジノ適法性 – 38225

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回はみなさんが気になっている「 オンラインカジノとは? 」についてご紹介していきます。 近年インターネットが発達して、スマホさえあれば何でも調べられる時代になってきました。その中で オンラインカジノも進化し続けていて、日本でもプレイする人が増えてきています。 海外に目を向けると オンラインカジノが流行っているヨーロッパでは万人ものプレイヤー がいるのだとか。 この記事では 「オンラインカジノとは」「オンラインカジノの違法性」 「安心して遊べるオンラインカジノの見分け方」「オンラインカジノの入出金方法」 などについて解説していきます。 オンラインカジノとは、 「インターネットを通じてプレイするカジノ」 のことで、海外にあるカジノと同じように実際のお金を賭けることができます。 普通のアプリゲームと異なり、「ギャンブルの一種」で、勝つことができれば勝った金額を自分の手元に現金で引き出すことができます。 日本では原則として「賭博行為」が禁止されており、競馬や宝くじなどの国営ギャンブルしか認められておりません。 国営ギャンブルではないギャンブルとして多くの人に親しまれているパチンコやスロットは、景品交換という手段を使うことで違法賭博ではないとされています。

バナー・ベラジョンカジノ

競馬、競艇、競輪、オートレースは合法 2。 パチンコ、パチスロは合法や違法と判別できないグレーゾーン 3。 麻雀は法律上は違法、しかし取り締まることができないためグレーゾーン 4。 各 オンラインカジノ(ネットカジノ) では優良企業に限りますが、基本的には各国政府や自治領から運営許可証(ライセンス)を受けてオンラインカジノを運営しています。つまり、 ギャンブルが合法化されている地域で合法的に運営を行っているため、そこに違法性はありません。 しかし、ここでの問題は日本人が日本国内にいながらにして、インターネットを通じてオンラインカジノをプレイすることが、そもそも賭博罪にあたるのかどうかが問題になっています。法律では「刑法第一条」というものがあります。 オンラインカジノサイト (ネットカジノサイト)を日本人が日本国内で利用することに違法性があるのかないのかは、以下の犯罪地と共犯性の問題を通して解説していきたいと思います。 日本国外: 日本国外にあるオンラインカジノ側は自国では合法 日本国内: 日本国内で日本人がオンラインカジノサイトを利用して賭博行為を行うことは違法。

マーチンゲール法のメリット・デメリット

オンラインカジノに興味があるという人は日本中にたくさんいると思います。 しかし、ひっかかる部分に 『オンラインカジノって合法なの?違法なの?』 という点があるのではないでしょうか? そこでこの記事では 『オンラインカジノの違法性』 についてを詳しく解説してみました。 オンラインカジノに興味がある人必見の記事となっていますので最後までご覧ください。 オンラインカジノは違法な賭博にあたるのか?という点ですが、 オンラインカジノは違法でも合法でも無いというのが正しいです 。 日本ではまだオンラインカジノに関する法整備が整っていないのが現状です。極端な言い方をすると、 現在の日本の法律では裁くことができない 。 というのが現状です。 日本でもカジノ法案(IR法案)が通りましたので、年までに国内にランドカジノができることになります。それに伴い、 日本でもオンラインカジノに関する法律が出来るはずです。

お勧めオンラインカジノ ランダムロジック系

マーチンゲール法とは、 カジノで使うことのできる攻略法の中でも特に有名 なものです。カジノで遊んだ経験のない人でも、もしかしたら知っているかもしれません。 マーチンゲール法の仕組みやロジック、利用するメリットやデメリットについてまとめました。 方法は至って簡単であり、メモなどを取る必要もありません。 負けてしまったときに、前回の倍のベットをするということを、勝つまで続けるだけ です。これをすることによって、 勝った時点で初期ベット分をプラスにすることができる 、というものです。 ただし、連敗した際に投資額がどんどん膨らんでいってしまうので、基本的な勝率が低いゲームには適していません。おおよそ勝率50%で配当が2倍、 バカラやブラックジャックなどに適しています。 法則が簡単であり、覚えやすい点が最大のメリットです。マーチンゲール法以外にも数多くあるカジノ攻略法の中でも、もっとも簡単であり、他の攻略法を覚えるための取っかかりとしては最適かもしれません。 後述するデメリットと矛盾するかもしれませんが、大きな連敗を経験するまでは、 「どこかで1回勝てればプラスになる」 というのは精神的にも余裕を持って勝負できるという面もあります。 連敗が嵩んだ際に莫大なベットを強いられることになる可能性もあります。最悪のケースも想定してかなりの軍資金を用意し、それを賭けるだけの覚悟をした上で導入する必要があり、 軽い気持ちで手を出すと思わぬ大敗を招く場合もあります。 連敗すると掛け金が膨れ上がり、それによる精神的プレッシャーもかなりのものになります。それに対して、 勝った時の見返りは常に初期ベット分 と決まっており、カジノを楽しむ、という本質には適さない戦法かもしれません。 具体的には、おおよそ勝率が50%となるブラックジャックを仮に1ドルスタートで始めた場合、確率としては薄いですが 10連敗でもしようものなら、その損失はドルにまで膨れ上がります。 そしてマーチンゲール法に従ってその次にベットしなければいけないのはドルです。 そこで勝ったとしてもプラスは1ドルです。ブラックジャックで10連敗する確率はおおよそ0。 マーチンゲール法のメリット・デメリット マーチンゲール法はカジノで使える攻略法の中でも特に簡単に覚えられるものであり、知名度も高いです。誰でも使えるという身近さはありますが、連敗が続くと投資が思いがけない額にまで膨れ上がる可能性もあるので注意が必要です。

コメント