ファンダム

「借金地獄に陥るのがこんなに簡単だと知って、ショックを受けた」

債務調査スイスのカジノ – 57716

「スイス」の検索結果

さらに、居心地の良い家庭を出て社会人としての生活に入るのは時として容易ではない。特に、職業訓練を修了しても目覚ましい給料が約束されているわけではないからなおさらだ。ジュネーブ大学雇用研究所の最近の研究によると、職業訓練修了者の1割は、連邦統計局の定める低所得のしきい値、 月給3986フラン(約43万1400円)以下だという。「若者は自分の収入を過大評価する傾向がある。それに加え、何だって可能だという印象を与える広告が溢れている」と、ボルトルッシさんは言う。 スイスには、個人の債務状況に関する詳しいデータは非常に少ない。連邦統計局が2008年にヨーロッパを対象として行った最新の調査によると、スイスの居住 人口の18% が 1件以上の債務あるいは借金 (住宅ローンを除く)を負った世帯で生活している。 人口の8% に当たる57万人が、 多額の当座借越あるいは未払金 を抱えた世帯で生活している。連邦統計局によると訴追の件数は増え続けているが、個人の負債と企業の負債は区別されていないという。 スイス債務健全化サービス団体の中央組織である「スイス債務アドバイス(Dettes conseils suisse)」によると、追跡調査を必要とする 世帯 数 と債務の平均額 は増える一方だという。最も影響を受けているのは、ひとり親家庭、子どもが3人以上の家庭、失業者、外国人。

IR*ゲーミング学会

スイスでは 、年新たにカジノ法制度を創設する際に、賭博依存症対応施策を法律の枠組みの中で(「連邦賭博及び賭博施設法」及び関連「施行令」)明確に位置づけるという先進国としては極めて斬新な手法を採用した国である。 賭博依存症に対する様々な施策をスイスではSocial Concept 社会的配慮事項 と定義し、その実践を施行者の義務とする法律上の構図となる。賭博行為を広範囲に認めることに対する国民の懸念を払拭することが、制度制定の当初からの政策的意図になったため、単純に財源の手当てをして、既存のステークホルダーの善意や任意に委ねるという考え方を取らず、明確に一定の行動を自らの責任で担うことをカジノの施行者としての法律上の義務としたことになる。よって、施行者の総粗収益から強制的に一定の賦課金を徴収し、 これを依存症患者対策に配分するという他国に見られる手法はスイスでは採用されていない 。これは依存症問題に対する対応施策の実践が当初から施行者にとり費用化されることを前提としていることになる。 依存症対応策の計画と実践を、制度上施行者固有の義務とする考えは、その他の国ではあまり採用されていない。事業者側に義務とされることに対する強い反発があると共に、営利事業としての企業行動と社会的危害防止策のバランスを取ることが、難しくなるというのがその理由である。但し、 スイスにおける実践は 、やり方次第では、これも効果的な一つの手法たりうることを示唆している。 Aライセンス・カジノとはもともと大消費地(大都市)近辺、ないしは国境近辺に設置されるカジノ施設をいい、比較的大型施設で、来訪客のみならず都市住民をも含む一定の市場規模を確保できる施設として想定され、カジノ施設のあり方もできうる限り規制の無い考え方で限定数のみが認められることになったものである。一方Bライセンス・カジノとは、観光地においてのみ、より小規模で、射幸心を煽らないレベルの限定的なカジノ施設を許諾するという考え方で、必ずしも汎用的なカジノとはいえないものでもあった。規模が小さいこと、かつ観光地次第では季節毎の観光客数の変動が大きいこと、運営面における制限が多いこと等が本来的に事業経営上の課題であったともいえる。これらBライセンス施設に対しては、財政難に応じて一定の規制緩和措置や支援措置が制定され、現状では相対的に経営が安定するレベルに至っている。潜在的な市場規模や規制のあり方等より、 当初からスイスでは米国的な大型遊興施設は志向されず 、中小規模施設が主体となり、税率もかなり高い。事業に参画した主体は、 スイスとフランス 、オーストリア、ドイツ等の企業連合が殆ど全てを占める。 スイスは 、欧州の中で零から精緻な制度を作り上げ、カジノ施設を実現し、成功させた典型的な事例になる。その注目すべき側面は、。 上記は、カジノ施設の規制、監視、監督は一元的に単一組織でこれを担い、法の執行は既存の行政機構の仕組みを用いる考えとなることを意味している。施設規模、施設数は左程大きなものではなく、管理できうる最少単位の行政機構を志向していると共に、 スイスは本来地方分権の強い国で 、連邦政府の権限や役割は限定されることが通例でもある。連邦ゲーミング委員会の規模は比較的小さく、委員5名、年末時点での職員総数36人、年間総費用が8。 尚、 ライセンス許諾の在り方にはスイス的な特徴がある 。施行の許諾には、州(Canton)並びに末端行政単位となる地方政府(Commune)の意思が尊重されると共に、連邦委員会より設置許諾と運営許諾という二段階による許諾構造が特色になる(法第10条)。施行のためは、これら二つの許可が必要となるが、同一主体が保持しなければならないということはない。

コメント