ファンダム

配当最大144倍!ルーレットプレイヤー必見のフラワーベット法

高額配当勝てるカジノ – 25813

フラワーベット法を50ゲーム行った検証結果

気楽に遊びながら少しでも儲けられればと思ってオンラインカジノを始める人が殆どだと思います。 自分が好きなゲームや、勝てそうなゲームを見つけて、他のゲームにはあまり手を出さないという人も多いのではないでしょうか? 今回挑戦するのは 『ワイルドバイキング』 です。 ラッキーベイビーカジノ の情報欄を見ると、ルーレットとポーカーを合わせたようなゲームのようです。 これがゲーム画面です。ずらりとカードが並んでいて、最初に見た時は、ちょっと圧倒されてしまいました。 子供のころに遊んだ『7並べ』を連想したりしましたが、もちろん、このゲームは『7並べ』とは違います。 このカードの上にチップおいてベットするようです。 『スペードのA』にチップ置いてみました。 こんな表示がゲーム画面の下に出ます。つまり当たればベット金額に対し51倍の払い戻しが受けられるという事です。なかなかの倍率ですね。 正直、ピンポイントで一枚だけ当てるのはかなり難しい気がします。 案の定、負けました。 出たカードは『ハートの4』でした。 そこにバイキングのマークのチップが置いてありますね。 ゲーム画面上部に5枚のカードが配られています。 その最後が『ハートの4』です。 もちろん、複数のカードに賭けることもできますし「偶数と奇数」「赤と黒」等といった賭け方もできます。ルーレットと同じですね。 上の画像のようなジョーカーやトランプのマークのような選択も出来るのが違っている程度です。 最後のカードを当てるだけなら「どうして5枚も配るのか?」と疑問に思われた方もいるかと思います。僕は思いました。 ここまでがこのゲームのルーレット的な部分の説明です。 ゲーム画面の右上にある、この部分がポーカー要素のベットに使われます。 それぞれのハンドが成立していれば、それに応じた払い戻しが受けられます。 ジョーカーはワイルドカード扱いになり、全てのカードの替わりとして使えるようです。 どうしてポーカーとルーレットをくっつけたのかは大いに疑問ですが、こうしてルールを把握してしまえば、さほど難しいゲームでは無いように思います。 もしかしたら、ポーカーやルーレットを、それぞれを個別に遊ぶよりも楽しい事があるのかもしれません。 あとは勝てるかどうかですよね。 配当の数字だけで考えれば、かなりの高倍率もあります。ルーレットとポーカー、それぞれの賭け方を組み合わせる事で何か面白い攻略法が見つかるのかもしれません。 ちなみに『ワイルドバイキング』というのは1枚目と5枚目にジョーカーが来た場合を指すようです。その場合の配当は1250:1になっています。 まずは様子見で、クラブに1ドルをベットしてみました。 5枚目のカードは『クラブのQ』。4ドル獲得です。 幸先の良い滑り出しです。 次はポーカーのベットも組み合わせてみる事にします。 スペードに1ドルと、配当倍率が6倍の「ツーペア」にも1ドル賭けてみます。 次のディールは外れましたが、続けて同じ賭け方をしてみると…。 この賭け方をして二度目のディールでなんと11ドルも獲得できました。 ただ、ここで疑問が生じました。5枚目のカードは『スペードの7』なので、スペードは的中しています。払い戻しは4ドルのはずです。一方、ポーカーハンドは『Qのスリーカード』です。僕がベットしたのは『ツーペア』だったので、こちらは当たっていないはずなのですが、なぜか払い戻しは11ドルもあります。 思ったよりも多く払い戻されているのですから、喜ぶべきなのですが、理由が分からないと気味が悪いです。 ヘルプ欄のルールを読んでいれば戸惑う必要はなかったのです。 ポーカー側でのベットの場合、ベットしたポーカーハンドよりも上位のハンドが成立していれば、プレーヤーの勝利になるようです。今回の場合は『ツーペア』に賭けて『スリーカード』だったので、僕は勝てたわけです。 けれど、最初から『スリーカード』に賭けていれば、配当は9倍になっていたと考えると、若干の口惜しさを感じないわけにはいきません。 ですが、最初から『スリーカード』や、それ以上の当たる確率の少ないハンドに期待して賭けるよりも、『ツーペア』以上のハンドが揃いさえすれば6倍の配当が得られる『ツーペア』をポーカーベットの基本にしておくのは、悪くない賭け方のようにも思います。 けれど、それでうっかり『フラッシュ』とか『フルハウス』が来てしまったら、かなり悔しい気がします。『フラッシュ』なら90倍、『フルハウス』で150倍ですからね…。 せっかくポーカーのハンドが出来ているのに、『ツーペア』に賭けていたら6倍の配当しかつかないわけです。

高額配当勝てるカジノ – 44348

ビットカジノのスロットおすすめ|クラシックスロット

さて、ワタクシが考えるそのぼったくりゲームとは、 スリーカードポーカー 、レットイットライド、 カリビアンスタッドポーカー などなんですが-、まずもってこれらのゲームは ハウスエッジ が高く、カジノが強い優位性を持っています。これらのテーブルのディーラーは、「泥棒マスク」をつけてカードを配ったらどうですかね?笑。 テーブルが混んでいて座れない時にワタクシがプレイするのが ビデオポーカー 。ジャックス・オア・ベターが特にハウスエッジが低く、オススメです。ブラックジャックのテーブルが空くのを待つ為にプレイしてたら絶好調で、そのままプレイし続けたことも度々あります。ブラックジャックで負けた時にこの機種で取り戻したりしたことも。

オンラインカジノスロットとは

RPG型 オンラインカジノ【カジ旅】。 このランキングで最も悲劇的な運命を辿った勝者。 37歳のシンシア・ジェイ・ブレナン(Cynthia Jay-Brennan)は、ジャックポットに当選してからわずか6週間後に、飲酒運転車との事故により姉を亡くし、自身も両手両足に麻痺が残ってしまいました。この悲劇に襲われる前、彼女は素晴らしい結婚式を挙げ、何不自由のない人生が約束されたと思っていたのに…今、彼女はこう言います。もし五体満足な以前の生活に戻ることができるのなら、すべてのお金を返還してもいいと。強運を持つ彼女、彼女がいつか、再び歩くことができるように願うのみです…。 ここで得る教訓は、大きな賞金を獲得することは可能だということです。けれども、おそらく第2位の女性、シンシア・ジェイ・ブレナン(Cynthia Jay-Brennan)が私たちに思慮を最も与えてくれます。彼女は大金持ちかもしれませんが、健康のためならすべてを諦めるでしょう。人生にはお金よりも重要なものがあります。あなたの幸運と最善の健康を願って、グッドラック!

コメント