ファンダム

ブラックジャックの遊び方! カジノでクールに勝てるゲーム!! 勝利に最も近い戦略とは!?

ルーレット攻略ブラックジャックの遊び方 – 8208

ブラックジャックの基本情報

この合計値が「 21 」に近い方が勝つわけですが、プレイヤーは合計が21以下であればプレイヤーの裁量で何度でもカードをひくことができます。そのかわり、「21」を越えてしまうとバーストとなり、その時点でプレイヤーの負けが確定し賭け金は没収されます。 数の数え方は、「2」~「10」までは、その数字をそのまま数えます。絵札(Kキング・Qクィーン・Jジャック)はそのままの数字ではなく「10」として計算します。 また、Aエースは「1」としても「11」としてもプレイヤーの都合のいい数として計算することができます。Aエースを「11」として計算する時の手をソフトハンドといいます。 プレイヤーとディーラーの数を比較し、21に近い方が勝ちです。同じ「21」でもA(エース)と「10」または絵札の場合は「 ブラックジャック 」となり最も強い手になります。 同じ数だと引き分けです。ディーラーが「21」を超えてバーストすると、プレイヤーはどんな数であろうが勝ちになります。ただし、先にプレイヤーがバーストしていた場合は、その時点で負けが確定していますので、例えディーラーがバーストしても引き分けにはなりません。 ヒット (Hit カードをもう1枚要求すること。 ランドカジノでは「Hit」と言うか、テーブルを軽くコンコンと叩くとヒットの合図になります。 スタンド (Stand カードがもういらない場合に選択します。 ランドカジノでは「Stand」や「Stay」「No More」と言うか、テーブルの上で手のひらを下に左右に振るとスタンドの合図になります。 スプリット (Split 最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった時、カードを二つの手札に分割し、分割した各手で別々に勝負することができます。最初の賭け金と同額の賭け金がスプリットされた新しい手にも賭けられます。 ランドカジノでは「Split」と言って、追加のチップをテーブルの上に置けば、スプリットの合図になります。

ブラックジャックとは

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回は ヨーロッパでも人気の高いブラックジャックのルール や 勝率%上げるベーシックストラテジー について紹介していきます。 ブラックジャックは「 21 」という数字が印象的で、「 21にするためのゲーム 」と思われがちですが、それは少し間違いです。もしブラックジャックで勝ちたかったら「 21に近づけ自分がバーストしない 」ことを優先する必要があります。

ブラックジャックのシミュレーション

ギャンブルに縁のない人でも、「ブラックジャック」というゲームの名前を知っている人は多いでしょう。トランプで遊ぶのが好きな人でしたら、それがどんなゲームか知っているかもしれませんね。それほどにブラックジャックは、ギャンブルゲームである以前に純粋なカードゲームとして人々の間に浸透しています。 ほとんど誰もが知っているこのゲームの歴史からひもといていきましょう。 出典: ブラックジャックの本当の意味|カジノを学ぶblog。 日本で言うと戦国時代にまで遡れる古いゲームなんですね。双六(スゴロク)みたいなものでしょうか。 家庭用ゲームから発しているらしい、というルーツもやはりゲームそのものとしての人気と関係があるのかもしれませんね。 少し違った説もあるようですが…。

使用する代表的な道具

アメリカンとフレンチ(ヨーロッパ)の違いは、「00」を含むか含まないかの差 で、単純に考えれば、38分の1と37分の1であれば、37分の1の方が、当たる確率は高くなります。 ディーラーがウィール(回転盤の事)の中で、ボールを指で弾いて回し、 「ノーモアベット(No more Bet)」と言うまで、追加したり減らしたり、動かしてOK。制限は無いので、何カ所賭けても構いません 。

コメント