ファンダム

カジノ新聞‐カジノ関連ニュース

オンライン合法カジノホテル情報 – 33766

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです!

オンラインカジノをプレイ - Onrain kajino o purei


バリ島やジャカルタにカジノはあるの?【インドネシア】

日本にもカジノ法案が成立し、カジノへの関心が高まってきました。 海外の多くの国では、合法のギャンブルとして楽しまれている「カジノ」は、日本の観光客の中でも、 海外旅行の記念に寄り道して遊んでみる 、といった形で最初は楽しんでいる方が、実は多いのです。 カジノがある海外の国の多くは、カジノは 合法のギャンブル とされており、 カジノの店舗を出すには、 政府の厳しい審査 をクリアしなければ運営することも、店舗を建設することもできません。そして、運営が始まった後も、 抜き打ちで厳しい審査を定期的にクリア しなければいけません。 つまり海外のカジノは運営する前も、運営中も政府から厳しく監視されていて、問題が起きれば即規制が入るぐらいに、厳しく取締りがされています。 カジノで遊ぶ人たちもそれを分かった上でカジノを遊んでいるので、不正をせずにルールを守って遊ぶのが、暗黙のルールです。 皆さんご存知の通り、 「カジノはお金を賭けて遊ぶところ、いわばギャンブル場」 です。 これだけ聞くと、怖いところのように聞こえるかも知れませんね。 騙されたり脅されたり、怖い思いをするかも 、という不安を持つ方も多いと思います。 簡単にあげても、これくらいのことがあります。 金銭の賭け事は主に、 自分と運営側 ディーラー の間 でしか行われません。 参加しているゲームから降りる場合は、必ず止めれるタイミングがあり、自分が負けたとしても、ゲームの参加中に自分が出した以上のお金やチップをとられることはほぼありません。

コメント