ファンダム

オンラインカジノおすすめスロットランキング!今人気の勝ちやすいスロットを一挙公開!

ペイアウト率ランキングオンライン麻雀スロット – 29460

ペイアウト率とハウスエッジの関係

さすがペイアウト率98% です。 今回は、スロットで負けたくない方に最もおすすめしたいスロットマシーン、「BLOOD SUCKERS」をご紹介します。 BLOOD SUCKERS は通常スピンでキャッシュが増えていく! BLOOD SUCKERSは 通常ステージでキャッシュが減りにくい、というよりも、むしろ増えていく ことがあるのが魅力的です。 そのため、BLOOD SUCKERSの場合、 様子を見ながらBET額を上げていくことをオススメします。 BLOOD SUCKERS のボーナスステージ!

オンラインカジノでよく見かけるペイアウト率の正体

当然、ペイアウト率とはなんなのか? という疑問が浮かびますが、その定義は賭けたお金に対して、どれくらいの割合で払い戻しが期待できるかを示した数値(オンラインカジノ還元率)のことを言います。 例えば、ペイアウト率95パーセントのゲームの場合、万円を賭ければ平均して95万円が戻ってくる計算になります。 「 それって損じゃん 」と思うかもしれませんが、当然です。基本的に、すべてのゲームはカジノ側が勝つようにできています。なので、ペイアウト率がパーセントを超えるゲームはないと思ってください。 それでは勝てないと思いますよね。でも、違うのです。ペイアウト率というのは、個人単位で数えられるものではなくて、カジノ全体(あるいはゲーム全体)でカウントされるものだからです。 仮に、万円を持ったAさんとBさんがいて、Aさんは万円勝ち、Bさんは全額スッテしまったとします。2人の合計元金は万円でリターンは万円ですから、この場合、ペイアウト率は95パーセントになるんですね。 こう考えると、ペイアウト率が高いからと言って必ず勝てるわけではないということがわかると思います。ただ、ペイアウト率が高いほうが、より勝てるチャンスがあるのは事実です。 より高いペイアウト率のゲームを選んで挑むのは、 戦略 として間違いではありません 。 ペイアウト率はプレイヤーの取り分。 ハウスエッジは胴元側の取り分。 つまり、ペイアウト率+ハウスエッジは必ずパーセントになるわけです 。 ただ、胴元の取り分を明示すると「 必ず負ける 」という印象が強くなってしまいがちです。そのためか、大抵のギャンブルの場合、ハウスエッジではなく、ペイアウト率のほうが公開されています。オンラインカジノでも同様で、ハウスエッジが公開されているというのは聞いたことがありません。 ちなみに、攻略サイトや書籍などでは「 ハウスエッジが低いゲームを選べ 」と書かれていることがよくあります。これは、「 ペイアウト率の高いゲームを選べ 」とイコールだと理解しておきましょう。 ペイアウト率はゲームによっていろいろと呼び方が変わります 。 パチスロで遊んだことのある人は「 機械割 」という言葉を聞いたことがあると思います。あれもペイアウト率のことです。 ペイアウト率はほかにも「 還元率 」「 出玉率 」「 期待値 」などさまざまな呼び方をされますので、知らないと混乱してしまうかもしれません。 どれだけの確率で勝てるかを示した数値があったら、ペイアウト率だと思っておいても差し支えないでしょう。

コメント