ファンダム

利益を確実に確定させるにはモンテカルロ法!

マーチンゲール実践クラップスをプレイ – 44305

マーチンゲール法とは?

クラップス は、サイコロを利用したカジノゲームの1つで、サイコロの出目を競います。 サイコロゲームといえば日本でも馴染み深いので、気になっている人も多いはず。 クラップスは、 2つのサイコロをプレイヤーが振り出目を競うゲーム です。サイコロを振る人は順番に変わっていくので、プレイしていれば自分も振ることができます。 カジノの必勝法として有名な マーチンゲール法 を活用する攻略法です。 賭け対象として、「パスライン」「カム」「ドントパス」「ドントカム」が利用できます。 なぜ守らなくてはいけないかというと、 イカサマを疑われる可能性があるから です。ルールを守ってプレイしているのにそんな風に思われたくないですよね。

グレートマーチンゲール法を50ゲーム行った検証結果

マーチンゲール法は理論的には必勝法ですが、現実には 2つの制限 があるため必勝法ではありません。 また重要な点は上図では カジノの控除率 を考慮せず、勝率を50%として計算しています。通常カジノゲームは配当を 2倍)にしていても、勝率は50%を少し下回ります。これが控除率と呼ばれるもので、カジノの確率的な取り分を意味します。 しかしマーチンゲール法は最初の賭け金をなるべく小さくして行うため(そもそも10回倍々で賭けようとすると一回の賭け金をミニマムにしないとベット制限に引っかかるケースがほとんど)、 1 回勝って満足という人は少ない と思います。 とはいえマーチンゲール法は優秀な資金管理法には違いありません。マーチンゲール法で大きく勝つことは不可能ですが、 小さく資金の増やすだけならば 、かなり高確率で資金を増やすことができます。 ただし、負けが込んだときに最後まで賭け金を増やしていくのではなく、目標金額前後で賭けを打ち切って 負けを認めてテーブルを去る ことが重要です。5ドルならば4連敗して40ドルベットして負けたら、負けを認めてテーブルを離れるということです。 マーチンゲール法はさまざまなイーブンマネーベット(倍率2倍の賭け)で応用できますが、一番有利に進めることができるのは バカラのプレーヤーベット です。

コメント