ファンダム

クラウン・メルボルン・エンターテインメント・コンプレックス

ルールクラウンタワーズホテルカジノ – 25220

クラウンカジノ(CROWN CASINO)

日本の友好国としても知られているオーストラリアにもカジノがある のをご存じでしょうか?コアラやカンガルーといった大自然を想像されがちなオーストラリアですが、実はカジノ大国でもあります。 カジノってどんなイメージがありますか?「 初心者はカジノには入れないんじゃないか 」と疑問に思う人や「 ドレスなどのイメージからなんとなく敷居が高い 」という人もいるでしょう。 オーストラリアには、なんと 主要都市には必ず1箇所はカジノが用意されている ほどのカジノ大国なんです。さらに、ホテルと併設されていることが多いため、寝る時間以外はカジノにあてられるともいわれているほど。

日本からオーストラリアのカジノへのアクセスは?

オーストラリアの第二の都市メルボルンに旅行する予定がある方は絶対に訪れるべき場所が、この超巨大な複合エンターテイメント施設「クラウン・エンターテイメント・コンプレックス(Crown Entertainment Complex)」です。 先程の市街地側の逆から見ると、メルボルンの市街地を流れるヤラ川があります。奥にある大きなビルが、5つ星の高級ホテル「Crown Towers Melbourne(クラウン タワーズ メルボルン)」です。 出典: 【H。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

アジアの人気リゾート地 として名を上げる セブ島 。太陽のもとで存分に遊んだ後の おすすめの夜のアクティビティが『カジノ』 です。せっかくの旅行なので、普段日本ではできないことを気軽に体験してみましょう。 セブ島のカジノは他の国のカジノに比べて 非常に入りやすい雰囲気 です。カジノの本場として知られるラスベガスよりも、入場の際の 規制や館内でのルールなどが緩く 、気軽に楽しむことができます。 セブ島のカジノの年齢制限は、 男性は21歳以上 、 女性が18歳以上 と定められています。また、 入口でパスポートの提示を求められることもある ので必要に応じて、パスポートを持ち歩くようにしましょう。 セブ島のカジノは賭け金の下限がない ので、ここでも 初心者の挑戦のしやすさ を感じます。 10ペソ(日本円20円程度) から、ゲーム感覚で始めてみてはいかがでしょう。 セブ島でカジノをしてみようと考えている皆さんにカジノ場の詳細を紹介します。セブシティでカジノができる場所と言えば、中心に位置する有名な高級ホテル「 ウォーターフロント セブシティ ホテル&カジノ 」です。

コメント