ファンダム

ソーシャルカジノアプリ『CASINO王国』 11種のゲームとコミュニティ機能を多数搭載し2月25日配信

ソーシャルゲームベルグランデカジノ – 32341

オンラインカジノ関連の情報発信です。

一方、The Daily Yomiuriによると、消費者庁に近い情報筋からの話として、 「コンプガチャ」という人気のシステムを使ったソーシャルゲームを 国がまもなく規制すると報じている。 消費者庁はまだ公式決定を出していないが、広範囲におよぶ決定が出た場合、 収入の18~50%がコンプガチャの売り上げだという話もある 日本のソーシャルゲーム業界は縮小するおそれがある。 カリフォルニア州、ネヴァダ州およびニュージャージー州は、 さまざまなタイプのオンライン・ギャンブルを許可する法律をすでに検討している。 課税の対象となる売り上げを生み出す場所を新たに見つけ出して、州政府予算のマイナスを減らしたいからだ。 Zynga社のマーク・ピンカス最高経営責任者(CEO)は2月のカンファレンスで、 同社のソーシャル・ゲームにギャンブルというジャンルは合うし、 その方向を期待していると述べた。 最近サンフランシスコで開催された『Global Gaming Expo』の参加者たちも、 ソーシャルゲームで現実のお金を賭けることの合法化を期待していた。 全米全域で合法化されるのは年だとも予測している。

コメント