ファンダム

複数のアカウントに同時にログインする

で複数の通貨アカウンモバイル機器 – 31581

アカウントは個別に設定できる

最近では、パソコンだけでなく、スマホやWebカメラなどのIoT機器もターゲットになっています。実際にスマホでは、仮想通貨を不正に発掘するアプリがGoogle Play 上で確認されました。また、ネットワークを通じて複数のIoT機器に侵入するマルウェア「Mirai」の中にはビットコインの発掘能力を備えたものも出現しています。 トレンドマイクロは、代表的なランサムウェアの1つ「CERBER(サーバー)」が年8月以降、「Bitcoin Core(ビットコイン コア)」「Electrum(エレクトラム)」「Multibit(マルチビット)」の3種類のデスクトップウォレットの情報を窃取する活動を行うようになったことを確認しました。デスクトップウォレットは、パソコンなどにダウンロードして利用するタイプの仮想通貨の財布(保管場所)です。 トレンドマイクロが確認したのは、実在する仮想通貨取引所をかたって「アカウントの侵害から保護するため預かっている資金を凍結した」などと呼びかけるメールを送りつけ、受信者にパスワードのリセットを求める手口です。メールの内容を信じてURL リンクを開くと、偽の仮想通貨取引所サイトのログインページに誘い込まれ、そこで入力したメールアドレスやパスワード、二段階認証コードなどを盗み取られてしまいます。 参考: IoT(アイ・オー・ティー)ってなんのこと? 家庭にIoTを取り入れる際の注意点を確認しよう。 メールによるウイルス拡散が流行中! 実例でチェック、巧妙な迷惑メールを見破るポイントと対策。

メルカリで複数アカウントは作成可能?アプリを複製 Galaxy「セキュリティフォルダ」機能


コメント