殿堂

ドレスコードとは?段階別にお手本コーデを徹底解説!

を徹底解説ドレスコード – 26895

ドレスコードとは?段階別にお手本コーデを徹底解説!

皆さんも一度は耳にしたことがある「ドレスコード」という言葉。聞いたことはあっても、明確な決まりや気を付けるべき点をきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか? 実は意外にも明確な決まりや段階があり、それぞれに相応しい格好が存在します。今回はそんな「ドレスコード」について徹底解説していきます! AFLO そもそも、「ドレスコード」とはどういう意味なのでしょうか?本来の「ドレスコード」の意味は、【場所に応じた服装になること】を意味します。元々は、ホテルレストランやパーティーなどで、参加者の服装がバラバラになることで場の雰囲気が乱れてしまうことを避けるために「ドレスコード」が生まれました。それが現在では、服装の決まりを意味するようになったと言われています。 また、「ドレスコード」は格式に合わせて、なんと7段階に分けられます。 ・フォーマル ・セミフォーマル ・インフォーマル ・スマートエレガンス ・カジュアルエレガンス ・ビジネスアタイア ・スマートカジュアル この記事では段階別に、各ドレスコードについて解説していきます!

「ドレスコード」の種類【1】フォーマル

大人になってや同僚や友人の 結婚 式や 懇親会 、パーティーなどの特別なイベントに参加するようになると、「ドレスコード」を指定される場合があるかと思います。社会の一員になったばかりの年だとあまり聞き馴染みがなくどういうものなのかイメージできない方もいるのではないでしょうか。 今回はそんな「ドレスコード」という言葉について解説していきます。 今回のドレスコードはスーツカジュアルです。 例文2。 ドレスコードは様々な場面に適した服装を指定するためのワードです。 例文3。 ドレスコードとしてカジュアルウェアを着ていきます。 例文4。

結婚式の冬の服装マナーは春、夏、秋と基本的には変わらない

冬用ドレスは濃く、重厚感のあるカラーが特徴です。また、マカロンカラーやパステルなどの明るいカラーでも、暖色系を増した温かみが強い色になっています。季節感のあるカラーを選びましょう。 シフォン素材、オーガンジーは寒々しい印象なので、一部使いなどデザインで使っている場合には問題ありませんが、ドレスの生地は、サテンやナイロン、ポリエステルでも冬用の厚手の素材を使っているものを選びましょう。 また、冬の定番フォーマル素材としてはベロア、ツイード、ジャガードがあります。厚手で保温力もあり、見た目も起毛感があり華やかです。 冬の結婚式のお呼ばれドレスやパンツスタイルなどに合わせたい羽織ものは、冬らしい季節感のある、フォーマルな素材でできたものであることが大切です。 冬の結婚式会場は暖房が効いており、室内は温かくなっているため、防寒に対してはそこまで注意しなくても大丈夫ですが、周囲から見て寒そうに見えてしまう「夏向き」の薄手の素材やシースルーの素材は配慮が足りていない印象になってしまうので避けたいところです。 また、いくら暖房が効いているといっても女性は室内を寒いと感じる人も多いため、自分がパーティを快適に過ごせる防寒対策のうえでも羽織ものが必要になります。 冬の結婚式に適した羽織ものの代表的な素材としては、カシミヤやウール、シルクの織物が挙げられます。これらは保温力があり、光沢感のある素材であるため、フォーマル用ストールやショール、カーディガンにも使用されています。 また、冬の華やかな素材の定番であるベルベッド、光沢感があり滑らかなとろみのあるレーヨン、ポリエステルなどは、ジャケットやボレロなどで使用されています。 冬のジャケットやボレロの定番素材にツイードがありますが、カジュアルやデイリーで使用しているものは避けましょう。 ラメ糸入りのシャネルツイードやパステルカラーなど、フォーマル用の華やかなジャケットを選ぶようにしてください。 冬の定番素材である毛皮やファー使いですが、殺生が縁起が良くないとされている結婚式の場では、避けたほうが良いとされる素材のひとつです。現在ではフェイクファーや、ファー付きのストール、ボレロなどが多く販売されており、そこまで気にする人も少なくなってはきましたが、カジュアルパーティの結婚式以外では、着用は避けたほうが無難です。 また着用してる場合でも、食事をする場での着用は毛が飛ぶことを気にするゲストもいるため、できれば食事の時間は脱ぐなどの配慮を。 結婚式での女性の足元は、ヌードストッキング、または少しラメの入ったストッキング程度が一般的です。 冬の結婚式のドレスの足元は、寒いからといってタイツの着用はマナー違反です。黒のストッキングも喪服で着用するもののため、着用は避けてください。 冬の結婚式のドレスの足元はヒール付きのパンプス(つま先の隠れたもの)がマナーです。寒いからといってブーツやブーティなどの着用はフォーマルな席では避けましょう。防寒のために会場に入る前の行き帰りに着用し、クロークに荷物を預ける前に履き替えるなど工夫をすることは可能です。化粧室やゲストの着替え室の準備があるかなど、履き替えができる場所を事前に確認しておきましょう。

ギタリストのドレスコード?


コメント