殿堂

ラスベガスでスマートなチップの払い方!ホテル・カジノ・レストラン金額相場

でチップの購入ホテルドゥカジノ – 9203

クレジットカードでチップが買える?

マカオではチップの習慣はなかったが、高級ホテルが増えるに従ってチップの普及もみられる。 【タクシー】タクシーではチップは不要だが、端数切り上げで払うとよい。 【レストラン】ホテルなどの高級レストランでは、合計金額の10%がサービス料として上積み請求されるので、おつりの小銭を残す程度でよい。大衆食堂やファストフード店ではチップ不要。 【ホテル】ベルボーイや部屋係には10パタカが目安。 【カジノ】ディーラーや従業員へのチップは不要。 基本情報 治安。 お問い合わせ先一覧     リンクについて     運営会社と個人情報取扱について     採用情報     このサイトについて     スマートフォン用ページ。 All rights reserved。 メールマガジン Facebook twitter 検索する。

ラスベガス大全とは?

基本情報 治安。 お問い合わせ先一覧     リンクについて     運営会社と個人情報取扱について     採用情報     このサイトについて     スマートフォン用ページ。 All rights reserved。 メールマガジン Facebook twitter 検索する。

ラスベガスでスマートなチップの払い方!ホテル・カジノ・レストラン…金額相場 - タビナカマガジン

レストラン 、 タクシー 、ホテル、 バー 、 カジノ 、ベルボーイ、ドアマン、SPAスタッフなど、それぞれのシーンに合わせて一体どのくらい支払うのがベストなのか? 相場や渡し方のルール を知っておきましょう。 ラスベガスの カジノ では、 ゲームテーブルのディーラー や カクテルウェイトレス にチップを支払うシーンに遭遇します。 カジノ の場面では、 ゲームで使用する専用チップ chip で渡すのが常識 です。現金 ドル でディーラーにチップを渡すことはありません。 直接ディーラーの手に渡すこともタブー。 ディーラーは不正防止のために、客から直に物を受け取ってはいけない というルールがあるため、手渡しはできません。 その理由は、 チップを多く支払った客が勝ちやすくなる不正を防ぐため 、またそれぞれのゲームテーブルでは掛け金の違いからチップ相場が変動するので、担当ポジションによる不公平さを無くすためです。 カジノのテーブルディーラーへのチップの金額 には、 明確な決まりがありません 。現地のアメリカ人でさえ迷うほど、人によってチップの料金は様々です。では一体いくら支払えば良いのか?と判断に迷ってしまうかもしれませんが、 チップはあくまで「感謝の気持ち」 と心得ましょう。

掲示板 | クレジットカードでチップが買える? | hungergamesfandom.net

ナイトショーには大きく分けて、長期的に継続して行なわれる常駐型のショーと、有名スターがやって来て数日間だけスポット的に開催されるショーがある。  常駐ショーは、そのホテル内の専用ステージなどで毎晩行われており(週に1~2回の休演日はあるが)、10年以上も続いているロングランショーも少なくない。  一方、スポット的に行なわれるショーは、有名ミュージシャンのコンサートなどで、短いものだとその日限り、長くても一週間ぐらいで終わってしまうのが普通だ。 なお、座席に関しては、日本でよくあるS席、A席、B席などという単純な名称とは限らず、その劇場専用の固有名詞が使われていたりすることがあるので( Main 席、Balcony 席、Orchestra 席など)少々とまどうが、画面の説明を見ればだいたいわかるようになっているので、あまりむずかしく考える必要はない。当たり前のことだが、 「値段が高い席ほど良い席」 と考えればそれで十分だ。  予約手続きが完了すると、画面上に予約確認番号(Confirmation Number と呼ばれることが多い)が表示されるので(もしくはそれがメールで送られてくる)、それをプリントアウトするか書き留めて、ラスベガスへ持っていく。近年は、スマートフォンの画面にバーコードやQRコードとして送られてくる方式も増えてきている。 チケットの販売開始時期に関してだが、 「公演日の90日前から」 といったように、受付開始時期が各ショーによって決められているので、早ければいつでもよいというわけではない。一日でも早く手配しないと心配という者は(そんな心配は不要だが)、あらかじめサイトをこまめにチェックして、そのチケット販売開始日を確認しておくとよいだろう。 すでに書いてきたとおり、一般的なショーのほとんどは、 公演日の直前まで空席があると考えてよい 。(各ショーの現場スタッフに取材したところ、アメリカの連休など特別な混雑時期に売り切れになることはごくまれにあるものの、そういったことは年に数回ぐらいしかないとのこと)  万一の売り切れを心配する者は、ショーの開演直前に劇場前のチケット売り場に出向くのではなく、前日や、日本からラスベガスに到着した日のなるべく早い時間帯に現場へ行けば、売り切れで買えない確率はさらに低くなる。(翌日や翌々日のショーのチケットも買うことができるので、たとえば日本から到着した日の翌日のショーを観たい場合でも、到着日に買いに行ってかまわない)。 なお、多くの常駐ショーには週2回の休みの曜日があるため、 「当日券がダメでも翌日や翌々日がある」 と安心してラスベガスへ乗り込むと、その翌日や翌々日が休演日と重なっていたりすることがあるので、休演日には十分な注意が必要だ。また、毎週の休演日以外に、年に数回、スタッフの長期休暇のための連続休演(約2週間程度のことが多い)があることも覚えておきたい。 というわけで、ここまで長々と 「事前に手配する必要はない」、「多くの場合、当日券を買うことができる」、「格安チケット店もある」 などと書いてきたが、それらはすべて「とりあえず観ることができればどんな席でもかまわない」という人のための情報であって、座席の位置にこだわる人のための情報ではない。  良い座席は早く売れ切れてしまうのが世の常。 「ステージから遠く離れたセクションなんて絶対にイヤだ」 という場合は、他人よりも早く行動を起こしたほうがいいことは言うまでもない。

【海外旅行 初心者も安心】クレジットカードでチップを払う方法!


コメント