殿堂

『週刊報道サイト』がWEBで生まれ変わりました

カジノリゾート参入方針はお馬さんスロット – 16784

カジノとパチンコ(2)

今、「 経世済民 」を離れて「 経済 ( エコノミー )」となった活動は、獰猛で私達を呑み込んでしまう。  その内にいるのも苦、外れるのはさらに苦を強制される。  「政治も経済も行き詰まって、どこにも未来がない中でのカジノ。   ・・・ギャンブルは貧しい人ほどはまりやすいんです。   ・・・ナントカ製紙の坊ちゃんが、いくら負けようが勝手にやってくれって話で。   貧しい人、生活が苦しい人の懐から、お金を巻き上げるっていう発想が、僕は心   情的に嫌なんです。   政治家の先生方は、きらびやかな大人の社交場をイメージしてるのかもしれませんが、実態を   知らないのでしょう。   みんな脂汗たらして必死ですよ。 カジノ法案成立へ  群がる政治家、経済界、この国はいつからおかしくなったのか。 政府も国会もカジノという言葉は使っていない。  特定複合観光施設(IR)と呼ぶ。  「IR議連」という集まりがある。  正式には国際観光産業振興議員連盟。  中身は「カジノ議連」である。

カジノリゾート参入方針はお馬さんスロット – 53203

日曜討論「下村大臣に問う 五輪・スポーツ振興」。 また無責任なことを・・・。ダイバがドラッグ、売春、マフィアであふれかえるぞ。 文化省か・・・・・。この人は大丈夫なのか。

暴走する千代松市政を民主的にチェックし、是正させることを目的として、「 泉佐野市政をよくする市民連絡会」(以下市民連絡会) を結成して6ヶ月が経った12月15日(日) 、生涯学習センター多目的室にて、市民連絡会主催の第3回「泉佐野市政について語るつどい」が開催され、79名の参加者があった。 さて、今回のテーマに「カジノ誘致問題」 を取上げたのは、 「市民連絡会」結成を巡っての明るい会との交流で、 カジノ関係の資料等を送付してもらったことが端緒である。その資料の中に、 『泉佐野市のりんくうタウンにカジノを誘致する活動を本格化させるために、同市が部長級2人を含む8人を 「統合型観光リゾート (IR) 誘致担当」 に就任させた』という新聞報道があった。 その記事をきっかけに、「カジノ誘致を考える会」「大阪いちょうの会」「大阪市をよくする会」のメンバー 4 人と泉佐野市内で交流( 8 月)をもてたことが大きい。その後も 連絡をとりながら、つどいの内容も含めてアドバイス・支援をもらい、今回のように 多彩な内容となり、「カジノで街は元気にならない」ということがよくわかるつどいになった。 カジノ賭博合法化法案の成立 に抗議し、その廃止を求める決議。 大阪市北区西天満 4 丁目 5 番 5 号マーキス梅田 号。 pdf 。

相談窓口メールアドレス  info hodotokushu。 週刊報道サイトの関係者であると名乗り、承認なく勝手に活動した上、恐喝・恐喝未遂を行っている者が存在するとの告発が寄せられております。   なお、石坂幸久・中山登支彦 中山利彦 は、週刊報道サイトと一切の関係はありません。  ご不審な事象がありましたら、お問合せ願います。 お問合せメールアドレス  info hodotokushu。 民主党議員 細野豪志ら が群がる大樹総研 オーナー矢島義也 という実態のない団体の正体。乱交パーティーか? 買付証明 ・ 売買予約 ・ 金策 ・ 祝杯 ・ 上客 ・ 赤富士裏金枠 ・ 偽造 ・ 本間吉偲ぶ会 ・ 一条工務店?

コメント