殿堂

ゲンティン・ハイランドのヒルトンホテル

で通貨を変更すマレーシアのカジノ – 21138

各国の通貨持ち込み・持ち出し制限【2019年11月:加筆修正】

フィリピンのセブ島は世界中からダイバーが集まる、ダイビングスポットとして昔から有名な島で近年多くの日本人が訪れています。 ところでセブ島の通貨や物価がどれくらいなのか事前に知っておかなければ旅行の予算を立てられません。 米ドルで決済が可能な場合と言うパターンもなくはありません。 インターネットでの決済や、大手リゾートホテルやカジノなどのアクティビティでは米ドルでの支払いも可能です。また銀行振り込みやデポジット料金の支払いなども米ドルで支払うこともあります。 セブ市内を観光する場合、個人で行動する場合は基本的にタクシーで移動になると思います。 セブ市内の主要スポットを回る場合、タクシーの料金はペソ程度で+ショッピングと食事の予算と言う計算になります。 ショッピングや食事を充実させるのであればやはりペソ程度が必要に。 合計でペソ程度をお持ち合わせるとよいかと思います。

ゲンティン・ハイランドのヒルトンのご案内

台湾では、カジノは今後実現しうる新しい賭博種になるが、既存の賭博種あるいは賭博に類似的な簡易賭博機械等のゲーム機械が従来から市場に存在する。安価な商品や現金を賞品として、ゲームを遊ばせる機械は、我が国と同様に昔から存在し、これを提供する施設を台湾では、ゲーミング・アーケードと呼称していた 我が国の遊技と類似的になる 。当初は警察省がこれを所管し、全面的に禁止の対象としていたが、闇行為が横行し、意味がなくなり、その後年に一種の簡易賭博の如き存在として一定のライセンスを付与することで、制度化、認知され、この時点で、政府所管が教育省となった。当時ゲーミング・アーケード管理ガイドライン等も制定されたが、そもそもかかる行為を認めたり、罰則を規定したりする根拠法がなく、実態は混乱した状況であったというのが現実である。かつまたゲーミング・アーケードを巡るスキャンダル等も現れ、年には所管が経済省 Ministry of Economic Affairs に移管され、現在に至っている。年には「電子式ゲーミング・アーケード管理規則」 Statute on the Management of Electronic Arcade が制定されたが、年にはこれも改定され、「電子式ゲーミング・アーケード事業規制法」 Electronic Game Arcade Business Regulation Act が制定されている。 上記を受け、年1月12日、行政院は立法院(議会)に対し、「オフショア群島開発法」(Offshore Island Development Act)を改正する案を上程し、この中において一定条件を満たす場合、カジノ賭博を認める内容の法改正を与党国民党の賛成多数(賛成71、反対26)で可決、成立させた。法改正の本来の目的は、主にオフショア群島の観光振興にあり、個別の群島の特性に合わせて政府が開発行為を推進すると共に、統合型リゾートの開発を推進し、国際的運営事業者の投資により国際的観光ホテル、観光施設、会議施設、ショッピング・モール等の投資を実現、地域住民の同意を得て、このリゾート内に小さなカジノを設置することを認める内容になる。この意味では、単純にカジノの許諾と運営の詳細を決める法律ではなく、既存の法律を改正し、実現できる枠組みをまず作り、詳細内容は別途法を定めて今後詰めるという内容でしかなかった。よって、制度の中身はこの段階では詳細化されていなかった。わが国でいえば基本法・理念法のごときもので、基本理念と筋書きだけを法制度化し、この原則に基づき関連諸法案を改正し、後刻、新たなカジノ実施法を制定するという考え方になる。但し、下記内容が盛り込まれていることがその特徴的現象となった。 マレーシアは回教国であり、宗教的・政治的には、賭博行為を促進することは好ましくないというスタンスを歴史的に保持したままの国でもある。一方、国民は複数の人種より構成され、宗教的ドグマにとらわれない国民も数多い。かつ制度や文化の側面では英国の伝統も受け継いでいる。同じマレーシア人でありながら、回教徒であるマレー人は賭博行為には参加できないが、華僑でもあるマレーシア人やインド人は関係ないという状況になる。この結果、政府は一定の賭博行為を認める制度的枠組みを設けつつ、それ例外の賭博行為は厳格に取り締まり、かつ賭博行為自体を出来る限り抑制するという政策を取っている。許諾される一定の賭博行為は民に委ねることを基本とする制度的枠組みになる。かかる意味での賭博法制度は年一般賭博施設法(Common Gaming House Act)並びに改定年法第号(Revised Act )によりその制度的枠組みが決められている。

コメント