殿堂

マニラでカジノ見本市「G2Eアジア」開催が決定

イベントカジノ比国ゲーミングスロット – 53587

Slotsカジノゲーム

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は月曜遅くに、新型コロナウイルスのさらなる拡大を防ぐために、コミュニティ隔離をルソン本島全土でも実施することを発表した。コミュニティ隔離は数日前からマニラ首都圏のみで実施されていた。PAGCORはそれに続く形で、 マニラでの全ゲーミング活動の停止を命令 していた。 火曜、Inside Asian Gamingは、ドゥテルテ大統領の直近の命令に関してPAGCORに取材を行い、その回答として同規制機関は、「昨日、全国でのゲーミング活動の一時停止を命令した。それに従い、首都圏外の活動でさえも停止となる。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

フィリピンの最新カジノ情報をお届け

国籍を問わず入場できるため、 入場時のパスポートチェックは特に行われない (一部実施している店舗もある)が、提示を求められたらすぐに見せられるように・会員カードを作成するために携帯は必須。 年に多くの死傷者が出る事件が起きたこともあり、手荷物検査・車両検査が徹底的に行われている。 ドレスコードはかなり緩めのカジュアル。 ショートパンツ、ビーチサンダルでも問題なく入れるが、あまりにも汚れた洋服、ボロボロな洋服は避けよう。 キャップ、ニット帽、マスク等は世界的にどこのカジノでも基本的に禁止されているので取り外すこと。 入場時には手荷物検査が行われる。 鞄の中を見せて通るタイプと、空港の手荷物検査のように鞄を機械に通してチェックするタイプのカジノがある。 フィリピンは今アジアで最も注目されているカジノ成長国。 世界中のカジノ経営会社が続々とフィリピンに進出を計画している。 ビーチリゾートが多く、英語が公用とされていて、さらに物価も安いとあって、アジアのカジノ業界をリードする国となっていくだろう。 これまでは治安面の不安からフィリピン(特にマニラ)のカジノに行く日本人観光客はかなり限られていたが、ドテルテ大統領の政策により大幅な治安改善がされたことから今後の観光業全般にも期待大だ。 メンバーズクラブ: Reward Circle(リワードサークル)。 営業時間:24時間 年齢制限:21歳以上 リゾートワールド・マニラの体験記を読む。

コメント