殿堂

統合型リゾート(IR)実施法案のカジノ規制はどうなるか

モバイルゲームカジノを含む統合型リゾート – 41049

IR(カジノを含む統合型リゾート)に関する法的問題

日本でも年12月15日にIR推進法が成立し、カジノを含む統合型リゾート(Integrated Resort:IR)に注目が集まっていますが、世界に目を向けるとカジノが合法化されている国と地域はを超えています。こちらでは、LT Game Japanが市場ターゲットとしているアジアを中心に、カジノ・ゲーミング業界を取り巻く環境についてご紹介します。 日本では、年12月にIR推進法(特定複合観光施設の整備の推進移管する法律)が成立しました。「カジノ法」と呼ばれることの多いIR推進法ですが、カジノを含む統合型リゾートの整備を目的にした法案で、「Integrated Resort(=統合された) Resort(リゾート)」の頭文字をとったものです。 その内容は、「IR区域を認定し、マカオやラスベガスのようなカジノを含んだ観光施設を整備しましょう」というもの。そこで国内でもカジノに注目が集まっています。ただし、これから法整備を進める段階なので、東京オリンピック後の年頃から本格化するのではないかと考えられています。日本でもカジノが開業できるようになれば、ゲーミングマシンの需要は急激に増えることが予想されます。そこでLT Game Japanでは、先駆けて日本独自のコンテンツを活かしたゲーミングマシンの開発を進めております。 また、カジノが合法の国と地域はを超え、カジノ施設は4,以上、アジアだけでも以上が営業。近年はフィリピンやベトナム、シンガポール、マレーシアなどのアジア圏でカジノ施設が多く誕生しています。LT Game Japanは、このような東南アジア諸国のカジノ市場をターゲットに、アミューズメント性・エンターテイメント性に優れたゲーミングマシンを供給していく予定です。 例えば、世界最大のカジノ市場であるマカオにゲーミングマシンを設置する場合、マカオ政府博彩監察協調局(以下「DICJ」)からの認可を取得する必要があり、基準を満たさなければなりません。LT Game Japanでは、マカオを本拠地とするLTG社がDICJの認可取得の申請手続きを行い、マカオ市場で販売を行っていきます。 近年のゲーミングマシンはハイテク化が進んでおり、従来以上にアミューズメント性とエンターテイメント性が求められるようになっています。その中でシェアを増やしているのが、ライブ中継型ゲーミングシステムです。LT Game Limitedは、このライブ中継型ゲーミングシステム(ライブ・マルチ・ゲーミング・システム:LMGシステム)を積極的に開発・製造しています。

米国:ソーシャルカジノゲーム市場 – 成長過程ながら、法的に慎重であるべき分野

法と経済のジャーナルトップ   >   西村あさひのリーガル・アウトルック。 高木 智宏 (たかぎ・ともひろ)  年、東京大学法学部第一類卒業。年、ノースウェスタン大学ロースクール卒業 LL。

コメント