殿堂

メルコリゾーツ&エンターテイメントとは?香港のIR企業を徹底紹介!

ジャックポット情報メルコクラウンカジノ – 19645

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

マカオのカジノ経営権は 「SJM」 マカオ系 :「MGM」 ラスベガス系 「ギャラクシー」 香港系 :「ヴェネチアン」「サンズ」 ラスベガス系 「ウィン」 ラスベガス系 :「メルコクラウン」 オーストラリア系 の6社が持っています。 なぜ6社か、これにはワケがあります。 カジノ王「スタンレー・ホー」の独占状態だったカジノ経営権が2001年末で満期になるのを境に、2002年はじめ、入札によって外資系の企業にも経営権を発給することになりました。 入札の結果、経営権の発給を受けたのはマカオ資本の「SJM」、香港資本の「ギャラクシー」、ラスベガス資本の「ウィン・リゾート・マカオ」です。「SJM」はスタンレー・ホーの企業です。 経営権が3社と言うのは、1986年に可決された法律にもとづいています。 左がグランド・リスボア、右がリスボア。マカオの象徴的な建物です。 グランド・リスボアはマカオのシンボルである蓮の花をイメージしたものですが、実は建築許可が下りていないまま完成してしまったという話もあります。

ラスベガス 1270万ドルジャックポット

そのような中、マカオから日本のカジノマーケットへの進出を本格的に考えている企業も少なくない。 メルコ・クラウン・エンターテインメント のCEOである、 ローレンス・ホー 氏もその一人である。 また、巨額と2年以上にわたるリハーサルを重ねて公開した「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」を見事成功させたことでも知られている。 若さと先見性と経営手腕は、同業者のみならずマーケットから高い評価を得ている。 急速に発展するアジアの消費者マーケットの要求を満たし、中所得者向けのビジネスを拡大できたことは大きな成功です。 カジノとエンターテインメントの融合としての成功が、アジア全体へのカジノの拡散に拍車をかけた。 メルコ・クラウン・エンターテインメントは、マカオ国内だけでなく、アジア市場にも同様の成功モデルの構築を検討している。 特に、日本はIR分野で最も理想的であると語っている。 日本の人口規模とシニア世代の富裕層の多さは格好である。 日本においてはカジノだけでなく、ノンゲーミング分野でも大きな成功を収めることが出来ると、同社は見ている。 2020年に東京オリンピックの招致を成功させたことは、インフラ設備やエンターテインメント施設の建設を加速させ、大量に訪日する観光客をもてなすという大きな需要を満たすと考えられる。 メルコ・クラウン・エンターテインメントは、営業拠点をマカオ、オーストラリア、その他アジア地域に持ちそれぞれで成功してきたノウハウがある。 それを日本の文化とうまく融合させ、成功させる準備は整っている。

伝説のスロットマシン”Lion’s share”、ジャックポットを当てた夫婦の元へ

メルコクラウンが、マカオでも大型カジノリゾートが多く集まる場所であるコタイ地区にオープンさせた、カジノリゾート「スタジオシティ 〜Studio City A Luxury Hotel in Macau〜」。 Studio City A Luxury Hotel in Macau。 華々しいオープニングを飾ったのは、ハリウッドスターの3人。アカデミー賞俳優、ロバート・デ・ニーロとレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが出演した、マーティン・スコセッシ監督の短編映画『The Audition』のプレミア上映でした。

コメント