殿堂

日本版IRの申請開始が2021年前半に決定、大阪など自治体の動きも活発化、IRオペレーターの顔ぶれも徐々に明らかに

日本版大阪のカジノ – 16317

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「 どこにカジノができるのか 」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新情報をお届けします。 カジノ誘致を表明している中で、主なカジノ候補地は、神奈川(横浜)、東京、愛知(名古屋、常滑)大阪、和歌山、長崎となっています。 現時点では 大阪、横浜 が特に有力な候補地と見られています。 そして気になる「いつ候補地が決まるのか」については、現在国が発表している基本方針案によると 候補地が正式決定するのは 年 頃になる予定とされています。 今後IR誘致に挑む自治体は 年1月4日から7月30日 の間に国に申請を行う必要があります。 そして国は申請を行った自治体の中から最大3箇所を選び、 年後半~年頃に正式にIR候補地として認定する 、というスケジュールとなっています。 念願叶った万博とセットでIR誘致  開業時期のリミットが主な焦点に。

現在のカジノ候補地はどこ?いつ決定する?

この2部構成のシリーズでは、Inside Asian GamingのCEOであるアンドリュー・W・スコットが候補地および候補事業者を深く掘り下げていく。 過 去20年間、日本版IRの疑問に関して行ったり来たりする様子を見ることは、単純に興味をそそられるものだった。 そのことからも、年は、候補事業者と日本の開発候補地の間のこの長い恋愛ゲームが山場を迎える年になる。この恋愛ゲームの「男子」は候補事業者にあたり、そのフロアにいる女子全員と踊ろうとする者もいれば、その子が拒否しない限り、そして拒否するまではたった1人に照準を定める者もいる。もしくは女子が、全男子を拒否する場合もある。このゲームの「女子」は、候補地 都市の場合もあれば、都道府県の場合もある にあたり、その女子が要求と条件を明かしていくにつれて、どれくらい魅力的か、または魅力的になるかによって、押したり引いたりする男子グループにそれぞれが口説かれている。 日本の政府・自治体は、有権者に対してこれらのことをきちんと説明できていない。大半の日本人が、自分たちの土地に嵐を巻き起こすIR革命に関して何も知らずにのほほんとしている。全般的に人 々がIR導入に反対する中で、都市や都道府県にとって手を挙げることは政治的に不評な状態がつづいており、特に市長と、その都道府県知事に同時に手を挙げさせることは非常に難しくなっている。 すでに述べたように、大阪は日本で、オープンかつ一貫してIRの機会を受け入れてきた唯一の大都市であり、府と市の政府の間で確固とした合意と協力関係がある。当初、世論は否定的だったが、過去数年間に候補事業者、特にMGMや、比較的程度は低いがギャラクシーなどが世論に変化をもたらすのに役立つ しかし高くつく 仕事を行なってきた。 横浜が誘致レースに参戦し、サンズ、ウィンそしてメルコなどの事業者が大阪から離れ、そしてシーザーズが米国でのエルドラド・リゾートとの合併によって日本のレースから完全撤退する中、気が付くと事業構想公募 Request For Concept:RFC の段階まで残っていたのはギャラクシー、ゲンティン・シンガポール、そしてMGMのたった3社になっていた。

コメント