殿堂

カジノと法規制について

ライセンスカジノ入場制限 – 26484

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

この事態を鑑み、年にカジノのライセンスを監理監督する「ゲーミング・コミッション」や「ゲーミング管理委員会(GCB・Gaming Control Board)」が組織され、「犯罪に関わりある人物の徹底排除」や「マネーロンダリングへの厳格な取締り」を行い、犯罪組織の影響を払拭することができました。 また「ギャンブリング・コミッション」というカジノ運営の監視と監督する委員会を発足し、法制の強化に努めています。 イギリスでのカジノは、賭博の管理を目的に「会員クラブ制」を軸に「48時間待ち会員登録制」「ドレスコード(服装規定)制定」「クラブ内アルコール提供禁止」「ゲーム台数や賭け金上限の厳格化」でカジノを適正に運用されるよう規制しています。 現在、我が日本国においてもカジノギャンブリングを合法へと法制化を国会で検討審議されていますが、これから日本で「カジノの合法化」によるメリットと、取り沙汰されているデメリットを以下に列記します。 ここで列記された内容は、各関係団体や関係文献などで見受けられる事項を引用・集約したもので、殊、カジノギャンブリングのみにフォーカスしています。 カジノギャンブリングは、プレイヤー(利用客)に多くの勝つチャンスを与えながら、ゲームを長く興じてもらう事で確実に収益を上げることが出来る仕組みになっています。 それは、運営側(ディーラー側)は少量の勝ち金控除率で運用することがカジノ規定ですが、ギャンブルとして僅かに有利となっているため、プレイヤーの利用時間数に相応して勝ち金控除で得られる金額が増えるということです。 文献にあった例として、オランダのアムステルダムにある「ホーランド・カジノ」での収益を挙げます。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

日本の統合型リゾート(Integrated Resort、以下「IR」という。)の議論においては、カジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響〔依存症、マネー・ローンダリング(Anti-Money Laundering:以下、「AML」という。)等〕への対応につき、世界最高水準のカジノ規制を導入することで、万全を期すことがIR推進本部会合にて安倍内閣総理大臣によって発表されました。 カジノ事業者は、カジノ行為に対する依存を防止するため、カジノ管理委員会規則で定めるところにより、依存防止規程に従って、以下に掲げる、カジノ施設を利用させることが不適切であると認められる者のカジノ施設の利用を制限する措置を講じる必要がある。 1。 カジノ入場者又はその家族その他の関係者の申出により当該入場者のカジノ施設の利用を制限する措置 2。 カジノ行為に対する依存による悪影響を防止する観点から、カジノ施設を利用させることが不適切であると認められる者のカジノ施設の利用を制限する措置 3。 カジノ施設の利用に関する入場者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他のカジノ施設の利用に関する入場者の適切な判断を助けるための措置 4。 カジノ事業者は、次に掲げる措置を講じなければならない。 ・従業者に対する教育訓練の実施 ・規定の遵守のための行為準則の作成 ・規定の遵守のために必要な業務を統括管理する者及び当該業務を監査する者の選任 ・その他、カジノ管理委員会規則で定める措置。

13 05 16 ライセンスの∞無限大


カジノ合法化による利点と問題点

Sinai Grand Casino VIIP [] Sonesta Hotel. Peace Road, Naama Bay, Sharm El Sheikh, Egypt CASINO k Casino Entertainment Company [] CASINO 910.

コメント