殿堂

イーブンマネーベットとは?覚えておきたいカジノ用語

モバイルカジノイーブンマネーベット – 26381

Lucky Nikiカジノの紹介はこちらのバナーをクリック

ルーレットは、「カジノの女王」とも呼ばれる花形ゲーム。ルーレットと聞けばカジノを思い浮かべるのではないでしょうか。 大きいテーブルに大きいホイール(回転盤)にディーラーがボールを回す姿は非常に格好がいいものです。 ただ、チップの色が限定数しかないために参加人数が限られます。赤・黒に賭ける程度で参加するのはどうしても敷居が高く感じます。 また、ベテランディーラーならば狙ったポケット近辺にはボールを落とせるということです。 そのために、ボールを回転させてからもベットが可能ですね。オンラインカジノでもライブゲームなら可能でしょうが・・やってないでしょうね。 それほどのベテランディーラーはいないですし、コンピュータ画面を見ながらのカメラ前での操作ですからね。見る人が見ればすぐにわかります。 ルーレットのホイール(回転盤)には均等に区切られたボールの落ちるポケットがあり、数字が記されています。 ポケットには赤か黒かの色がついており、0(00、)は緑色です。 ホイールの種類はヨーロピアンスタイルルーレット、アメリカンスタイルルーレットの2種類が主流で、ホイールの種類によって数字の並びやオッズが異なります。 ヨーロピアンスタイル 37区分(1から36、0) アメリカンスタイル 38区分(1から36、0、00)です。 ディーラーの癖、出目の偏りが、ルーレット必勝法である。 左はライブルーレット3種の出目表です。一目瞭然で出目に偏りがあるのがわかります。真ん中などは黒が8連続です。 確率ですのでいずれは均等に終結するわけですが、短期の中では必ずこのような偏りが発生します。 これを読むこと以外にルーレットで勝てる方法はありません。無論理論などあるわけも無く経験則 になるわけですが、約1/2の確率を10%高めれば勝つことができますので流れを読むことは非常に重要なことです。 これは、バカラなども同じで、機械的に処理された数字に賭けるだけなので、勝ち負けに個人の技量が入らない ルーレットは勝ちやすいといえます。 HOME   Mobile。 オンラインカジノについて 信頼できるカジノの選択 カジノソフトウェアについて ソフトのインストール 無料プレイで腕試し チップ購入について ボーナスについて 払い戻しについて カジノ最新情報ブログ。

ラスベガスのカジノディーラーが教える ブラックジャックのルールと遊び方


イーブンマネーベット(Even Money Bet)の概略

ここではLucky Nikiカジノでプレイ出来るルーレットゲームとブラックジャックについて説明します。ボーナス受け取り時はクリア出来るまで絶対にプレイしないで下さい。(オファーや案内が個別に有る場合は大丈夫です)カジノによってルールが異なりますので、下記説明でLucky Nikiのゲームのルールを把握した上でプレイして下さい。 此方のバナーは、Lucky Nikiカジノのサービスや特徴を分かり易く説明したランディングページに飛びます。是非ご一読してみて下さい。ランディングページ内の各項目を何処でもクリックすればLucky NikiカジノのHPに行きます。Lucky NikiカジノのHPにあるサインアップボタンを押すと会員登録画面も出ます。 Lucky Nikiでプレイ出来るゲームの種類と機種検索について。 Lucky Nikiカジノでは登録前にも無料ゲームがプレイ出来ます。操作方法はこちらをご覧ください。PCからでもモバイルからでも利用出来て操作方法も同じです。

モバイルカジノイーブンマネーベット – 50095

Lucky Nikiカジノでプレイ出来るルーレットゲームとブラックジャックについて

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。 以下の写真で言えば、手前がディーラー側で、指が見えているほうがプレーヤー(客側)、赤く見えるものがプレーヤーが置いた賭け金、そして「 ハートのQ 」がディーラーのアップカードということになる。 各プレーヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的な手(最終的な数字の合計)を推測しながら、自分がさらにカードをもらうかもらわないかの判断をする。   [21] を超えるまでは何枚でもカードを引くことができるので、もらいたければディーラーにその意思を伝える。

コメント