殿堂

ルーレットで絶対勝つ!超高確率で的中する98.48%法(2/3ベット法)

カジノ実践ルーレットで赤黒勝負 – 64480

31システムを使ってルーレットをやってみた結果

マーチンゲール法をシミュレーションした結果、 負けが続いてもどこかで勝てば儲けを出すことができることがわかりました。 オンラインカジノのバカラで地道に15,,円稼ぎました。最初に入金したのは2,円です。 最初は1,円からのベットでしたが、終盤は,円以上の金額をベットしていました。 バカラの勝利額は2倍で固定されていて、ベットした回数の半分は負けています。 ちなみに、 私はマーチンゲール法とバカラを組み合わせていたので、このような賭け方をしていました。 理論上、必ず勝てると言われているマーチンゲール法。 そんなマーチンゲール法の実践方法・シミュレーション・勝率 について徹底解説していきます。 オンラインカジノで儲けるための「ひとつの手段」として、 マーチンゲール法をマスターすることをおすすめします。 それほど強力な手法がカジノで禁止にされているかどうかについても触れています。 是非参考にしてみてください! この記事でわかる事 1 マーチンゲール法とは? 2 マーチンゲール法はカジノで禁止されている!? 3 マーチンゲール法でルーレットを実践! 4 マーチンゲール法をシミュレーション!どのくらい稼げるのか!? 5 マーチンゲール法の計算方法を徹底解説! 6 マーチンゲールの期待値とは? 7 マーチンゲル法の確率は!?結局勝てるのか!? 8 マーチンゲール法で負けるわけとは!? 9 マーチンゲール法とモンテカルロ法、どちらが有利!?メリットとデメリット 10 マーチンゲール法とココモ法を比較!実践向きはどっち!? 11 マーチンゲール法が危険な人の特徴! 12 日本でもマーチンゲール法とバカラで大儲けした人が誕生! 13 マーチンゲール法で破産することについて。 マーチンゲール法とは、主に「賭け方」に関する戦略で、この方法を使うことで、 大負けとは無縁となる可能性がグッと高くなります。 マーチンゲール法をカジノで使えば勝率を上げることはできますが、あくまで 「安定して勝つ」 というスタンスと思われているのだと思って構いません。

ハイエナおじさん的あとがき

まず、大前提に知っておかなければならないことは、 必勝法を利用しても最終的に絶対勝てるわけではない という事です。 アウトサイドベットエリアにあるコラムベットとダズンベットの、 2か所ずつの計4か所に賭け、勝率3分の1の賭けを利用した戦略 となります。 ダブルストリートベットの 5ヶ所内に賭ける必勝法 となります。 勝率は約81% と高いのですが、利益はわずかなので、短期集中で利益を出したい方におすすめの必勝法となります。 ルーレットには36の数字があり、プラスして「0」や「00」があります。これらを足した中から、 35個すべてに賭けます 。つまりベアビック法は「1点賭け」のことです。 勝ちすぎて、 モナコのモンテカルロのカジノを破産へと追いやったという、必勝法が「モンテカルロ法」 です。理論に基づいた数列を使い、計算しながら行う中級者向けの攻略法となります。

98.48%法(2/3ベット法)を50ゲーム行った検証結果

ルーレットの賭け方のルール上「色は赤と黒の2種類」と決まっているので、 単純に赤色テーブルにベットすれば赤色ゾーンに玉が落ちれば勝ちというルールとなります。 一番勝率が高いとされているルーレットの賭け方の種類は 「レッド・ブラック」と言われる、玉が赤に入るか黒に入るかを賭ける賭け方と、「奇数偶数」かを当てる賭け方 です。 ルーレットの賭け方の禁止されている方法は、 「レッド・ブラック」「奇数偶数」といった2分の1で当たるような賭け方も、例えば「レッドとブラックの2つにベットする」という行為もNGです。 注意点 万が一そのルーレットの賭け方で禁止されているものを使った場合、 最悪の場合オンラインカジノでアカウント凍結されてしまうかもしれません! 期待値だけ考えたらベットよりも小さくなりますが、 ルーレットの賭け方の期待値はあくまで「この勝負で平均していくら貰えるか」を算出する数字です。

コメント