殿堂

マカオの統合型リゾート(IR)大手が日本参入に意欲、ギャラクシー社長に最先端のIR戦略を聞いた 【画像】

リゾート参入方針台湾カジノ – 13312

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

参入規制の考え方 世界最高水準のカジノ規制を達成するため、米国ネバダ州とシンガポールの規制をベンチマークとして、日本におけるカジノ事業の参入規制については、以下a。 諸外国における免許取得に関わる審査 諸外国を参考にすると、カジノ事業を行う場合、免許の取得が義務付けられていることが一般的です。 日本において考えられる背面調査 日本における背面調査の内容は、先行してカジノの合法化を認めている諸外国の例を踏まえ実施されることが想定されます。 日本型IRの法制度の骨格となる、特定複合観光施設区域整備法(通称、「IR整備法」)上での背面調査制度の規定に関しては、連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」内の「 カジノ管理委員会による背面調査 」に詳しく記載されていますので、ご覧下さい。 また、背面調査を実施するカジノ管理委員会に関するIR整備法上での規定に関しては、連載「我が国のIRビジネス参入における法制度上の留意点」内の「 カジノ管理委員会の監督権限と背面調査 」に詳しく記載されていますので、ご覧下さい。 本記事に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問いわせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。

コメント