殿堂

リゾカジ カジノレポート

スポーツブックのルールバーデンバーデンのカジノ – 61066

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

日本から直行便の飛行機で12時間でアクセスできるフランクフルトをはじめ、アジアやヨーロッパなど様々なルートの乗り継ぎや鉄道でもアクセスできるドイツは観光地としても人気です。今回はドイツでカジノを楽しみたい方にわかりやすい遊び方のマナーや人気のカジノホテルをまとめました。 国や地域によって、ルールが異なるカジノですが、ドイツではジャケット着用、サンダルNGなどといった服装規定を設けているところが多くあります。ディーラーや従業員へのチップも必要となりますので、事前に行きたいカジノの情報をチェックしておくことをおすすめします。 ドイツ エンターテインメント・遊ぶ ドイツ カジノ。

カジノバーデンのドレスコード

あなたはどんなカジノに行った事がありますか?世界にはいろんなタイプのカジノがあります。「ギャンブルをする事が大前提」の賭博場の雰囲気丸出しの、ちょっと雰囲気の悪いタイプのカジノだったり、「社交場が大前提」の気品溢れるカジノだったり、中間層が楽しめるエンターテイメント性がある「ちょうど中間のタイプ」のカジノだったり・・・。日本でいろんなパチンコ屋があるのと同じです。 その中でも、ヨーロッパの社交場として、ドイツの温泉保養地「バーデン・バーデン」に、年以上も前に作られたのが、今や「世界で最も美しいと言われるカジノ」と言われる「カジノ・バーデン」です。 カジノには、テーマが異なる4つの部屋に分かれています。 エントランスを入ると最初に訪れるのが、マリア・テレジアとその息子のヨーゼフ2世の絵が壁に掛けられている「オーストリアン・ルーム」。続くのが、白大理石が使われている「ウインター・ガーデン」。その隣の部屋が、最初の写真の部屋「赤の間」である。最後の部屋は、豪華なシャンデリアや石像が飾られた「フローレンスの間」となっている。 出典: カジノ バーデン・バーデン。 出典: バーデン・バーデン/ドイツの温泉 [ドイツ] All About。 出典: 【カジノ情報局】ドレスコードは高く賭け金は低く ドイツ・バーデンバーデン - 芸能 - ZAKZAK。 これだけの豪華絢爛な施設なので、ドレスコードがかなり気になるところ。もちろん、他の国のカジノでもショートパンツやサンダルがNGなのは、誰でも解っているとは思いますが、それぐらいのドレスコードで許されそうもないな〜と想像してしまう王宮の様な施設・・・。 かなり気になりますよね。 答えは簡単です。この王室に見合うような服装。すなわち「男性はジャケット、革靴、ネクタイ」を着用。女性は、ワンピースなどでOKです。海外旅行先での用意としては、女性は楽で良いですが、男性の準備としては、ちょっとハードルが高くなっています。

コメント