殿堂

マーチンゲール法は競馬で成立するのか?1レース徹底検証

システムベット法競馬予想 – 28326

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

競馬に限らず、ギャンブルでは様々な人が必勝法を模索しています。 その中でも特に有名なのが、カジノのルーレットを攻略するために考えられた手法である マーチンゲールの法則 です。 マーチンゲール法はカジノ以外のギャンブルでも使用されることが多く、競馬でも活用できます。 マーチンゲール法の基本的なやり方は、最初に基本となる賭け金を決めてベットし、 負けたら次のゲームで倍の金額をベット します。 負け続ける限りは倍でベットを続け、勝ったときに賭け金を最初の基本となる金額に戻すというやり方になります。 やり方は非常に簡単なので、数字が苦手だという方でも心配はいりません。 常に決まった金額を賭けることによって、当たっても損をするということがありません。 資金運用のノウハウのようなものだとも考えることができ、成功すれば必ずプラス収支になることで有名な賭け方です。 それでは、競馬でのマーチンゲール法の活用方法について説明していきます。 競馬にはオッズがあり、レースによってオッズは大きく異なってきます。 カジノのように決まった倍率がないという点が、大きな違いと言えるのかもしれません。 マーチンゲール法で最も重要なのは、 的中率 です。 的中率が悪いと賭け金が膨らんでしまうので、早めに的中をさせなければいけません。 競馬でマーチンゲール法を活用するのなら、確率の高い馬券を選ぶ必要があります。

ベッティングシステム

競馬の楽しみ方は人それぞれですが、馬券で勝ちたいと思うならば 「回収率」 が非常に重要となります。回収率は馬券収支の「勝ち・負け」を判断する指標のようなもの。%を基準とし、それを下回ってしまえば「負け」、上回れば「勝ち」と言えます。 一方、 「的中率」 という言葉も使われることがあります。文字通り、馬券が的中した率という意味なのですが、実は定義はやや曖昧です。自分が馬券を購入したレース数に対した的中数なのか、もしくは購入した買い目の数に対する的中数なのか。一般的には前者としてとらえられますが、いずれにしても収支の勝ち負けを語る上ではあまり関係がない指標なのです。 競馬用語でトリガミという言葉があります。馬券が的中したにもかかわらずマイナス収支となってしまうことを意味します。 回収率を上げるためには、トリガミは絶対に避けなければいけません。 仮に自分の本命馬が3着以内にきたとしても、買い方によって利益の大きさは違ってきます。本命馬が勝ったのに2着にノーマークの馬がきてはずれ。当たり馬券がないというケースなんていうのも多々あります。しかし、馬券を外すのを恐れて、むやみに買い目を広げるのはよくありません。 自分の思い通りの結果になった時に大きな払戻金が得られるように買い方を意識 した方が、回収率UPにつながるはずです。 回収率を上げるためには、実際にどのレースを買うかということが非常に大切になってきます。狙ったレースの的中率が高ければ高いほど、回収率を上げるチャンスがあるからです。「目の前にあるレースはとことん参加したい!」というスタンスでもいいのですが、その場合はレース単位で購入金額のメリハリをつけることをお勧めします。一般的には 「勝負レース」 と呼ばれる、自分の中で厳選したレースに多くの資金を投入した方がいいでしょう。

コメント