殿堂

スリーカードポーカー

スリーカードポーカトレジャリーカジノ – 28311

スリーカードポーカーの画面説明

和歌山カジノでは、 ブラックジャック や バカラ 、 ルーレット テーブルなどと並んで、様々な ポーカー テーブルが設置されると思います。 ポーカーには多くの種類が存在しますが、例えば日本に近い韓国のカジノ場で見られる 3カードポーカー 、 カリビアンスタッドポーカー 、 テキサスホールデムボーナス は、和歌山カジノが韓国カジノと同じ中国人プレイヤーをターゲットにしたカジノになることを考慮すると、設置される可能性は高いでしょう。 また、マカオやラスベガスで採用されている パイゴーポーカー 、 ULTIMATEテキサスホールデム は導入される方針であると考えられます。

スリーカードポーカーの基本情報

Pairplusにのみベットした場合は、ディーラーとの勝負に関係なくカードが配られた時点で配当の有無が決まります。 (画像の手役は『ディーラー:5のペア』『プレイヤー:2のペア』で勝負自体はプレイヤーの負けですが、勝敗は関係ないので配当が貰えています)。 プレイヤーは自分の手札(役)を確認し勝負できると思ったら、さらに「Play」にチップを置きます。(この時、 「Play」に置くチップは「Ante」に置いたチップと同額 にしなければなりません) また、手札を確認して手役が無かったり自分の役が弱く勝ち目がない等の理由で勝負にならないと思った場合は、カードを伏せてディーラーに返す(勝負を降りる)こともできます。 (ただし、この場合「Ante」に対しベットした金額は没収されます)。 勝負に参加している Anteにベットしている プレイヤー全員が「勝負する Playにベット 」または「勝負を降りる カードを返す 」のどちらかの意思表示が出されたら、ディーラーは自らの手をオープンにします。 ディーラーと同様にプレイヤー側も手持ちのカードで既定の手役が出来てない場合であっても、手持ちの中に 「Q クイーン 」以上のカードがある場合はディーラーと勝負することが出来ます。

スリーカードポーカトレジャリーカジノ – 38031

スリーカードポーカーのルールと最適戦略

完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。

コメント