殿堂

避難所での「性暴力」を防ぐ。災害時に起きた“人”のトラブルと対策

内が安心安全な件実際の出金時 – 11495

1.日本全国で発生している土砂災害

土砂災害のおそれのある地区は「土砂災害警戒区域」や「土砂災害危険箇所」とされています。普段から自分の家がこれらの土砂災害のおそれのある地区にあるかどうか、都道府県や 国土交通省砂防部のホームページ などで確認しましょう。 また、避難の際にどこにどのように逃げるのか知っておくことが大事です。市町村が作成する土砂災害ハザードマップを利用して避難場所や避難経路を確認しましょう。詳しくは、お住まいの市町村にお問い合わせください。 雨が降り出したら、「土砂災害警戒情報」に注意しましょう。土砂災害警戒情報は、大雨による土砂災害発生の危険度が高まったときに、市町村長が避難勧告などを発令する際の判断や住民の自主避難の参考となるよう、都道府県と気象庁が共同で発表する防災情報です。これは、警戒レベル4相当情報であり、市町村が警戒レベル4避難勧告を発令する目安となる情報で、災害の切迫度が高まっていることを示しています。(警戒レベルについては、 内閣府ホームページ をご覧ください。) 土砂災害警戒情報は、 気象庁ホームページ や各都道府県の砂防課などのホームページで確認できるほか、テレビやラジオの気象情報でも発表されます。大雨による電波障害や停電などいざというときのために携帯ラジオを持っておくとよいでしょう。都道府県や市町村によっては、携帯電話などに自動的に土砂災害警戒情報を教えてくれるサービスもあります。さらに、 土砂災害警戒判定メッシュ情報 など、1~5kmのメッシュ単位の危険度が気象庁や都道府県のホームページで確認できます。 お住まいの地域に土砂災害警戒情報(警戒レベル4相当情報)が発表されたら、自治体からの避難勧告の発令(警戒レベル4)に留意するとともに、避難勧告が発令されていなくても、土砂災害警戒判定メッシュ情報などを参考にし、家族・親戚や地域内の方々に声をかけあい、早めに近くの避難場所など、安全な場所に避難しましょう。特に、お年寄りや障害のある人など避難に時間がかかる人は、移動時間を考えて早めに避難させることが大事です。夜中に大雨が予想される場合には、暗くなる前に避難することがより安全です。また、強い雨や長雨のときなどは、市町村の防災行政無線や広報車による呼びかけや緊急速報メールなどにも注意してください。土砂災害の多くは木造の1階で被災しています。どうしても避難場所への避難が困難なときは、次善の策として、近くの頑丈な建物の2階以上に緊急避難するか、それも難しい場合は家の中でより安全な場所(がけから離れた部屋や2階など)に避難しましょう。 夜間の豪雨時などには避難をためらってしまいますが、普段から避難訓練に参加し避難に慣れていれば避難行動を起こしやすくなります。市町村などがおこなう土砂災害の避難訓練に参加しましょう。 毎年、6月1日~30日は「土砂災害防止月間」です。 月間中は、「みんなで防ごう土砂災害」を運動のテーマとして、土砂災害警戒区域等や砂防設備などの点検や情報伝達訓練、防災意識を高めるための啓発活動などが実施されます。 土砂災害防止月間を機に、皆さんも自分の地域の危険な場所を確認したり、避難場所までの経路を歩いてみたりするなど、 万が一の事態に備えておきましょう。

内が安心安全な件実際の出金時 – 13557

1. 避難所での性暴力

ある中年女性は襲われたときに、「やめて!」と声をあげたため、警察が来る事態となりました。しかし、女性は「 この年で襲われたなんて恥ずかしい。家族に迷惑がかかる 」と被害届を出さなかったのです。ここでもやはり、被害を公にすることを避ける行動が取られました。 この事件が明らかにするのは、避難所では性的被害にあったとしても、被害を公にすることを避けたり、気付いても黙認するという事実です。そうした状況を生んでいるのは、災害によって生まれた避難所のコミュニティで、被害者も加害者も顔見知りが多いという中で、 何か被害があったとしても「輪を乱すべきではない」という考えが広まっていること に要因があるのではないでしょうか。そうした考えは、良く言えば「絆」ですが、一方で、個々人の考えを押し殺す「同調圧力」となり得るのです。 これを裏付ける出来事も起きています。宮城県のある避難所では、男性リーダーが「 ここはみんな家族だから衝立などいらんですよね 」という一言に誰も反対できず、女性は着替えを布団の中で行ったのだそうです。これはわかりやすい同調圧力の事例といえるでしょう。 参考:『東日本大震災:暮らしどうなる? 避難所、仮設での暴力防げ』|毎日新聞年3月1日朝刊, 『くしろ男女いきいき参画通信』37号。

コメント