インスピレ

アジア有数のカジノ大国カンボジアで熱いひとときを過ごしてみませんか?

アジアカンボジアカジノ – 51140

プノンペンのカジノの基本情報

ベトナムとカンボジアの国境の街・バベット。ホーチミンから車で約90分のところ、ベトナムの国境を越えて2~3分直進するとひときわ目を引く建物が目に入ってくる。 総面積は約1万平方メートル。 日本人のスタッフが常駐しているので安心して遊ぶことができる。 カンボジアのバベット経済特区にある「ゴールデンパームカジノ&ホテル カンボジア」は日本人がカジノライセンスを取得して経営する唯一のカジノ事業会社として、年にオープンしました。プリンセス天功さんが共同オーナーとして就任している話題のカジノホテルです。建物は10階建て、客室数は75室と周辺のカジノホテルと比べると小さめですが、カジノでは、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、スロットマシン、タイガー&ドラゴン、ABC、パイゴウポーカー、1カードバカラ、ンガオハム、バトルロイヤルと多様なゲームが楽しめます。 ホーチミンから車で約90分のところにある、ベトナムとカンボジアの国境にある街バベット。「ニュー ワールド カジノホテル」は、年にオープンしたカジノ併設のホテルです。2つの建物からなるこのホテルは、ベトナム人カジノ客向けの作りといった雰囲気で、ホテル内にはスパやジム、免税店などもあります。35テーブルあり、7カードスタッドポーカーや、アメリカンルーレット、バカラ、ブラックジャック、大小などが楽しめます。 ホーチミンから車で約90分のところにある、ベトナムとカンボジアの国境にある街バベット。「シルバーワールドカジノ」は、年にオープンしたカジノです。ニュー ワールド カジノホテルのすぐ側にあります。同系列の会社が運営しています。

コメント