インスピレ

公営ギャンブルに勝る魅力

ブラックジャック実践競輪カジノ – 28063

勝つためにはまずマイルール?

こんにちわ!Casimo編集部の笠原です。 今回はみなさんが 気づいていないうちに使ってしまっている必敗法 についてご紹介していきます! 存在するのは「必ず負ける方法」いわゆる「必敗法」です。 「勝つ」ということを別の言い方にすると「負けない」ということなので、この 「必敗法」を知り、それを避けることで最終的には「勝つ」ということ になります。 まず大前提に覚えてもらいたいことは「 カジノは負けるように作られている 」ということです。 カジノはボランティアで経営している訳ではありません。従業員の給料を払って、その上利益を出すことを目的にしているので、 運営側が儲かるように作られています。 ただ、プレイヤー全員が損をするように作ってしまったらカジノにお客さんがいなくなり、運営側は儲かりません。

公営ギャンブルと違う面白さ

カジノだけじゃなく、競馬、パチンコ、パチスロ、競輪、競艇、宝くじ…様々なギャンブルがありますよね。 お金を賭けるので勝つこともあれば負けることもあります。勝ち続けることは不可能です。 必ず負けるんです。 決定的に違うルールが1つあるんです。考えてみてください。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 答え出ましたか? 韓国のカジノのブラックジャック、マカオのカジノのブラックジャックとも最初はプレイヤーからカードを配ります。 プレイヤーに1枚目を配ってから、ディーラーにカードを1枚配ります。 韓国では2枚目をプレイヤーに配り終わった後に、ディーラーに2枚目を配ります。 プレイするゲームで勝つ事にこだわるのではなく、 勝つまでの過程(準備)にこだわることがより重要 だと思います。 先月ラッキーニッキーにJCBを使って入金をした記事を書きましたが、覚えているでしょうか? その時の記事がこちら これだけ入金をしたからにはプレイをしないわけにはいかないっていうことで 毎日のようにラッキーニッキーにログイ […]。

バナー・ベラジョンカジノ

最近日本でカジノ法案が可決され、近い将来日本でも特定地域に限りカジノがオープンになる日も近くなりました。 そんなカジノと言えば、ラスベガスやモナコ、マカオが有名ですが、きらびやかなゴージャス空間でギャンブルを楽しむ心地は、どこでも味わあえるものではないかもしれません。 しかし、カジノ法案が可決したからと言って、すぐに日本でカジノ場で楽しめるには、まだまだ時間がかかりそうです。 競馬や競輪などの公営ギャンブルを趣味としている人が周りにいることでしょう。 その時の高揚感は言葉では言えないものがあります。 オンラインカジノも同じ魅力がありますが、それにも増して頭脳的なプレイや心理的な頭脳ゲームで自分に有利な展開に導く面白さがあります。 例えば、ルーレット。 確率論的な攻め方で、賭け金を少しでも増やすテクニックを駆使することが、とても楽しく思えます。 こんなふうにただ賭けるだけ出はない楽しみがあるのがオンラインカジノ。 しかも、ギャンブルに簡単に参加できる手軽さも人気の1つなのです。 オンラインカジノは、インターネットから専用サイトにアクセスするだけでプレイできます。 自宅でパソコンで参加することはもちろん、外出中でもスマホでのベットするこどできるので、カフェや居酒屋、、ファミレスなどで食事しながらプレイできるますし、通勤の電車・バスの中でも、辛い時間が楽しくなります。 オンラインカジノの魅力の1つには、 他ギャンブルと比べても稼ぎやすい という特徴があります。 カジノのゲームには、様々なテクニックがあります。 その攻略法を理解して実施することで勝率を高くしていげます。 ルーレットだと、コラム・2ダズン法、マーチンゲール法、ココモ法があります。

コメント