インスピレ

カードカウンティング

カードカウンティングのブラックジャックエストリルカジノ – 20856

カウンティングをしてみた結果

この 「カードカウンティング」 とは、本格派の熟練プレーヤーがよくやる戦術で、すでに場に出て出目が見えてしまった カードを記憶し、まだ未使用の山の中にどのようなカードがどれほど残されているかを読む高等戦術のことです。 この戦術でプレーヤーが具体的に知りたいことは、どの数字があと何枚残っているという詳細なことというよりは、 未使用のカードの山に10の数字などの強いカードがどれだけ多く残されているか 、ということです。 ベーシックストラテジーも10の数字を次に引くことを前提に建てられていますが、 カードカウンティングはその10の数字が出る確率をより詳細に把握しようという戦術 です。 なぜなら 17までは必ずヒットしなければならないディーラーにとってバーストの確率が高くなるばかりか、プレイヤーにとっては絵札が多いということはブラックジャックや18以上の強いカードができやすくなります。 カウンティングの様子は、年に公開された映画 「ラスベガスをぶっつぶせ」 (英語版の題名 「21」) を見るとよくわかるので、カウンティングに興味がある人は一度見てみることをオススメします(^^。

関連記事(一部広告)

オンラインカジノの場合は、メモを取っても注意されませんのでカウンティングが使えます。 ただし、通常のゲーム(コンピュータと対戦するタイプ)の場合は、カウンティングはほぼ効果がありません。 カウンティングはまだ配られていないカードを把握する攻略法です。 通常のカジノゲームの場合は、配られるカードがどこでリセットされているか分かりませんし、いくつのデッキが使われているかも定かではなく、カードをいくらカウンティングしてもあまり意味がありません。 レッドセブンカウント(Red Seven Count)とは、ハイローシステムを基軸に、赤の7を特殊な扱いとするカウンティング方法です。ベーシックなカウンティングに慣れて来たら挑戦したい、中級者への第一歩を踏み出すのに最適なシステムになります。 スマホからでも本格的なブラックジャックが楽しめる!オンラインカジノでブラックジャックを楽しみたい方は、 「ベラジョンカジノ」 をチェック! カジノのゲームにはよく必勝法や攻略法があると言われていますが、ブラックジャックのものは特に有名で、世界中コアなプレイヤーの間で様々な方法が使われています。 その中でも、よく使われている攻略法が「カウンティング」です。バカラでも使われている方法で、コアなプレイヤーの間では欠かせない方法となっています。 - ページ内コンテンツ 目次 -。

登録するだけ、限定ボーナスでお試しプレイ

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。 以下の写真で言えば、手前がディーラー側で、指が見えているほうがプレーヤー(客側)、赤く見えるものがプレーヤーが置いた賭け金、そして「 ハートのQ 」がディーラーのアップカードということになる。 各プレーヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的な手(最終的な数字の合計)を推測しながら、自分がさらにカードをもらうかもらわないかの判断をする。   [21] を超えるまでは何枚でもカードを引くことができるので、もらいたければディーラーにその意思を伝える。

ブラックジャックのカードカウンティングとは?

序盤は出ていないカードも多く勝ったり負けたりを繰り返して7〜8回目のゲームで残っているカードを予想していった。 これがなんと勝てる、勝てる。破竹の勢いで4連勝。元手10万弱があっという間に43万近く膨れ上がった。 ワールドカジノナビ カジノ体験談 マカオのカジノで、ブラックジャックを攻略するカウンティングを実践してみた。

コメント