インスピレ

韓国人が唯一入場できる韓国のカジノ「江原ランドカジノ」はギャンブル依存症のモデルケース?

女性ディーラー江原ランドカジノ – 7265

暴力団のいかさま賭博、2日間で被害総額10億ウォン

韓国の江原(カンウォン)にあるIRリゾート施設「江原ランドリゾート」には、韓国人が国内のカジノで唯一入場を許されたカジノ「江原ランドカジノ(강원랜드 카지노)」があります。 出典: 韓国旅行、韓国ツアー 韓国観光公社公式サイト :韓国観光公社公式サイト。 この未来的な作りの建築物が「江原ランドカジノ(강원랜드 카지노)」になります。日本人にとってのポイントと言えば、韓国人と一緒に遊ぶことができる唯一のカジノともいえます。 美しいリゾート地という反面、韓国人が唯一入れるカジノという事もあり、国内にカジノができた場合に、その国の人間に起こる「ギャンブル依存症」という問題もあります。 もともとは、この江原は炭坑の街で、衰退の一途をたどっていましたが、カジノによって、この田舎町は救われたのです。何も無かった街に韓国人が押し寄せ、年間来場者は万人。雇用も多く生みだし、売上も億円を超えました。街の税収も潤い「経済対策の起爆剤」となりました。 ですが、それは次の問題を引き起こしました。

国際 アクセスランキング

江原ランド (カンウォンランド、韓国語:강원랜드)は 大韓民国 江原道 旌善郡 に所在する カジノ ・ リゾート 運営企業。旧 炭鉱 跡を開発し カジノ ・ リゾート を経営している [2] [3] 。 韓国で唯一、韓国籍者(自国民)が入場できるカジノがある(当地以外のカジノは全て外国人専用である)。韓国人は、入場時9,ウォンの入場税を支払わなければならない(外国人、在外韓国人は免除)。 ギャンブル依存症 防止の観点から、 住民登録番号 による入場規制が行われており、ひと月に入場できる最大上限日数がある。 炭鉱閉山後の地域雇用維持のためにカジノを受け入れたものの、 質屋 や 風俗店 の乱立、犯罪や自殺などの社会問題も発生している [4] 。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。 株式会社江原ランド Kangwon Land Inc。

コメント