インスピレ

リゾカジ カジノレポート

カジノを打ち負か女性ディーラー – 6384

関連記事(一部広告)

日本カジノ学院は、渋谷駅から10 分ほど歩いた場所にある。僕が思い描いていた「カジノ」はもっと薄暗く照明がギラギラしたアングラ的な世界観だったので、学校の教室内を見て驚いた。カーテンも開け放たれていて、開放的な雰囲気だった。 この学校は、 カジノディーラーや講師を目指す人のための学校 。バカラ、ブラックジャック、ポーカー、ルーレットなどのカジノで扱われる主要なゲームをひと通り勉強できるコースが用意されている。すべてのコースを受講すると6か月~1年間ほどで修了するカリキュラムになっており、しっかりと時間をかけて勉強できるみたいだ。卒業後はインストラクター試験(講師になるための試験)の受験資格も得られるという。 また国外にあるカジノの多くは セキュリティがしっかりしており 、顔認証システムやカメラシステムなどが導入されている。世界のカジノはお店同士で提携しているので、一度ブラックリストに入れられると、ほかのお店にも入場不可になる場合もあるほどセキュリティは厳しいという話だ。これなら確かに思っていたより健全で安全そう。 また「ニュースなどで裏カジノなどの悪いイメージが先行していると思うんですけど、カジノに来れる回数を制限したり、外国人誘致のために作るのでそもそも日本人が入れないようにしたりなど 規制はされる と思います」ということだ。そういったルールが整備されればIRに安心感を抱く人も増えるかもしれない。

日本カジノ学院ってどんなところ?

resocasi さんのツイート。 コメント( 5)。 さて、カジノの成果です。 BJテーブルは初心者が多く、BSって、な・あ・に?という方が本当に多いです。 とにかくディーラーのカードが何であろうと、果敢にスプリットをしたがります。 絵札+絵札で20なのに、ディーラーが絵札であっても躊躇無く得意になってスプリットです! ちなみに、スプリット後のカードにもペア賭けができます。 そんなこんなで、流れは濁流です。 これは想定内のことでしたが、その渓谷ラインくだりのような濁流をうまく乗り切って、初日は結構調子よかったです。 結果的にベットアップが抑制(こんな荒波の中では大玉は張れませんって:笑)されましたので、楽しくプレーしました。 10ドルのBJ卓で、ベットマネジメントは、10、20-40-60、ベットアップは150~200と気楽にワイワイと(当然お酒もいっぱいいただきながら)楽しみました。 理想の右肩上がりです。 大きな失策によるマイナスもなく、じわりじわりとチップが増え、1500ドル増えたところでホテルに帰ります。 時間は午前1時くらいだったでしょうか。 ホテルに帰って、先ずはホテルの専用ビーチとプールを堪能します。 いずれもそんなに広くはないですが、コンパクトな感じがちょうどいいです。 ぼーっとしているのは案外好きですが、そろそろ勝負に向かいます。 2日目ももちろんBJです。今日は25ドルテーブルにしてみました。 ここでちょっとした珍事件発生です。 ファーストベースの中国人カップル、ワンボックスを2人で共有しています。 ディーラー絵札に対して、ハンドは5と9の14。 と、ここでその二人が同時に別のアクションをします。 男:サレンダー 女:ヒット その目立ったヒットアクションを受けてディーラーはカードをディール・・・ その刹那、ベットオーナーの男がそれを制します。 カードはもうシューから離れてしまっています。 ピットを呼んで10分間ほど中断します。 関係者からの事情聴取を終えて、ピットが出した結論がたいへん興味深かったです。 男のサレンダーは認めて、チップは半分回収。 そして女のヒットも認めて、カードをディール。試合続行!!

きっかけは、家族の後押しだった。

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られる。この見えているほうのカードのことを 「アップカード」 というが、実戦でこの言葉が使われることはないので、この言葉をあえて覚える必要はまったくない。 以下の写真で言えば、手前がディーラー側で、指が見えているほうがプレーヤー(客側)、赤く見えるものがプレーヤーが置いた賭け金、そして「 ハートのQ 」がディーラーのアップカードということになる。 各プレーヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的な手(最終的な数字の合計)を推測しながら、自分がさらにカードをもらうかもらわないかの判断をする。   [21] を超えるまでは何枚でもカードを引くことができるので、もらいたければディーラーにその意思を伝える。

コメント