インスピレ

案外簡単なカードカウンティングのやり方手順

初回入金ボーナスカードカウンティングのブラックジャック – 39285

ブラックジャックとは?

カードカウンティングとは、トランプを使うカジノゲームのカードをカウントして、次に引きやすいカードを予測して勝率を上げる行為の事 です。主に ブラックジャック で使用され、次にどのカードが出やすいかを推測できることで、自分の手札をホールド(そのまま)にするか、ヒット(もう一枚追加)にするかや、ディーラーの伏せてるカードが大きい数字なのか、小さい数字なのかが予測できるようになります。 まさに必勝法!といっても過言ではないのですが、全てのカードを暗記・記憶するのはとても難しく、また常に場は流れていくためゲームをしながら全てをメモするのも時間が足りません。よって、 「大まかにカウント」するという一般的で誰でもできる方法 を「カードカウンティングのやり方」の項目で詳しく紹介していきます。 代表的なブラックジャックを例に説明します。 ブラックジャックで勝てない とお嘆きの方、是非実践してみてください。ブラックジャックでは、合計を「21」に近づけた方が勝ちになります。そこで重要なカードといえば、 10、J、Q、K の4枚のカードです。これらは全て「10」とカウントされ、一気に数を最大値に増やしてくれるカードです。その代わりに手札を一気にバースト(22以上になり問答無用で負け)にしてしまう可能性もあるのです。この4枚のカードが最もカードカウンティングで重要なポイントとなります。 まずこの4枚だけに着目してみると、 これらのカードがまだ場にあまり出ていない、つまりこれからたくさん出そうな場合は、プレイヤー側が有利 になります。理由としては、 ディーラーは17までは必ずヒットするというルール があるため、ディーラーのバーストの確率がグンと上がります。また、プレイヤーは10が出る確率が高いことを見越して、早めにスタンドを選択できます。 この場合は逆に10、J、Q、Kの「10」の役割を持つカードがまだ少ししか出ていないという状況です。つまり、 プラスの数値が大きいほど「10」の役割を持つカードが確率的に出やすくなっている という状況です。この状況であれば、プレイヤーは有利なため、ダブルダウンをしたり、11以下なら積極的にヒットをして21を目指しましょう。

カードカウンティングとは

第一条件として記憶力が必要となるカードカウンティングは、攻略するためにはやはり実践あるのみです。 メモを取ることができればいいのですが、そうはいかないので相当な記憶力が必要になります。 ただし、ライブカジノの場合だけ、オンラインでもカードカウンティングは有効になります。 ライブカジノは、実際に存在しているディーラーとWEBカメラを通じてプレイするゲームです。 オンラインカジノの中でも特に人気のゲームといえばブラックジャック。 ブラックジャックにはさまざまな必勝法や攻略法がありますが、「カードカウンティング」は カジノ勝ち方 の中でも名の知れた必勝法の一つです。 ブラックジャックだけではなくバカラなどでも使われる攻略法で、ギャンブラーならだれもが知っている方法として知られています。 今回は、そんなブラックジャックカウンティングやカードカウンティングについて詳しく解説していきます。

オンカジ限定で使える必勝法「カードカウンティング」

ブラックジャック(Blackjack) は、カジノゲームの中でも人気のカードゲームのひとつです。このページでは、ブラックジャックの基本ルールや遊び方について分かりやすく解説しています。ブラックジャックの種類や役立つ情報なども載せているので、ぜひ参考にしてみてください。 ブラックジャックは、トランプを使ったテーブルゲームで定番の 人気カジノゲーム です。世界中でこれほど多くの人にプレイされ続けているのにはたくさんの理由があります。

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックはトランプで行うカジノで人気の高いゲームの1つです。ルールもシンプルかつ簡単なので初心者でも遊びやすいことで知られています。 ペイアウト率もカジノゲームの中では最も高いことから、戦略を極めることで安定した収入につながりやすいことも人気の理由と言われています。 ブラックジャックには特有のカードの数え方があります。特有の数え方と聞くと、初心者には壁が高いように感じてしまいがちですが、3種類しかないので誰でも簡単に覚えられます。 以下の表にまとめたので、参考にしてください。 ゲームが進行し、マイナス数値が多いほど小さな数字のカードが出やすく、プラス数値が多いほどテンカードやAを引きやすい状態、と言うことがわかります。ただし、 ランドカジノではカウンティングを禁止されているところがほとんど なので、わかりやすいカウンティング行為はやめましょう。

コメント