インスピレ

昭和の思い出。喫茶店に置いてあった「おみくじ器」って覚えてる?

は縁起がよいフレンチルーレット – 59061

おみくじを引いてみた! 懐かしい

おっと、2回目の小吉。 でも紙の色がイエローですよ! さっきの小吉は時計のイラストでしたが、こちらはうさぎのイラストです。いろいろなバリエーションがあるのでしょうか? 続いて4投目。 おみくじを落としつつ、ルーレットを回すという一連の動作はなかなか考えられた仕組みですよね。ただ、開けてみてわかったのですが、星座別にお金を入れることに意味はなかったようです…。 どの星座から円玉を入れても、出てくるおみくじの場所は1か所 なんです!

日本最後の「ルーレット式おみくじ器」

Subscribe To Our Newsletter。 Subscribe Now。 About Contact Menu。

Subscribe To Our Newsletter

カジノ編・南ドイツレンタカーの旅 今回の旅行ではバーデン・バーデン、ヴィースバーデン、フランクフルト空港(夫だけ)でカジノに行きましたが、事前に写真で見たりガイドブック等で読んでいた通り、それはアメリカやカナダのカジノとは全然違いました。豪華な雰囲気やドレスコードについては旅行記で紹介してあるので参考にして下さい。 このページでは、ドイツのカジノならではのルール、気を付けた方がいい点などに触れてみたいと思います。カジノ用語の使用は極力控えていますが、説明上どうしても必要な幾つかのカジノ用語が出てきます。 できるだけ注釈は入れましたが、意味不明の場合、私にはゲーム上の細かいルールを上手に説明する能力もする気力もないので、恐れ入りますが ラスベガス大全 などで確認されて下さい。あと、 こちら も参考になるかも?しれません。 チップの額面は最低が2ユーロと高いです。私はその1番安い2ユーロチップを記念に持って帰りましたが、こんな小額チップでも通し番号?の刻印がありました (右の写真右) 。

コメント