インスピレ

乗客がコロナ感染のクルーズ船、検疫1人1分の証言

アマチュアからプロへ客船上でカジノ – 25184

Group site links

resocasi さんのツイート。 コメント( 0)。 ZAAMDAMというHOLLAND AMERICA社のトンの船です。チェックインも問題なく乗船できました。 部屋はUp Gradeしてベランダつきのミニスイーツです。荷解きを終え、定められた避難訓練をこなすと、よりPoker Cruise主催のWelcome Party 兼説明会が開催されました。ここで、うれしいニュースをききました。スポンサーからあらたな賞金が出て、人中位まで入ると賞金が出るというものです。ここで、ちょっと戦略を変えようときめました。当初は賞金は18位までだと思っていたので、前半に一か八かをやろうと思っていたのですが、通常通りロックで行くことにしました。 Party終了後、メインレストランで一回目の夕食です。ドレスコードがカジュアルなのでそのままいきました。アメリカの食事としては充分満足のいけるものでした。隣のテーブルをみると、なんと世界チャンピオンのスコッティー ニューオンがいるではありませんか。そして、周りを注意深く見ると、マン ニューオンやクリス ファーガソンもいます。そして、私の本の先生であるTJもいました。世界的大会なんだなと実感しました。 食事後ラウンジで飲んだ後、22時ころ大会のシーティングにいきました。今回の大会は一回戦を二つのグループにわけ、おのおの8ラウンドを戦い、三日目に残ったもの 90名位 で18位まできめ、四日目に決勝6位まできめて、五日目に決勝を行うというものです。当初は18位までインザマネーでした。 乗船二日目は船長主催のPartyなどがあるのでせわしく、2nd Seatingになることを祈っていたのですが、残念ながら1st Seatingの6番Table、Seat9を引き当てました。明日に備えて早く寝なければと思っていたのですが、興奮していたらしく 眠れません。結局、TOCのDVDを再度みて、二時ころ床につきました。 ZAAMDAMというHOLLAND AMERICA社のトンの船。 ポーカークルーズ3日目大会2日目 1st round 2  今日は大会出場はなくクルーズを楽しむ日。 朝食後、明日のセントマーチン島のオプショナルツァーを予約し、ポーカールームに様子を見に行く。TJやクリス ファーガソンを発見。張り出していた一日目の通過者リストに自分の名を発見。ちょっとうれしい。嫁がエステに行っている間に日記を書く。 サウナ・ジャグジーにいく。その後、カリビアン音楽のライブを聴きながらデッキで昼食。天候も南国の日差しに変わっていた。のんびり・のんびり ポーカールームに立ち寄ると、マイク セクトンが声をかけてくれた。私が初日を通過したことを知っていたようだ。ビデオにコメントをもらう。スコッティー・マイクの両ニューヨンがサイドゲームでチャイニーズをしていた。どうも2WILDのような気がするがまさかね。チップなしの札束を握りながらやっていたのでそっとはなれる。 夕方、Party Pokerのミーティング 改善意見を聞く会 に出て、夕食。ドレスコードはインフォーマル ジャケット要 だがカジュアルの人が多い。その後、船長主催のカクテルパーティーにでて、ホテルマネージャー 旅客責任者 や船医と話す。日本人はほとんど乗らないとのこと。 v 再びポーカールームに戻ると、二日目の入賞者が決まったところだった。 23時に第二ラウンドのシーティングが発表される。前回の優勝者のキャシー ランバートと一緒の8番テーブル8番席。彼女は以上もっている。私の10倍かとおもいつつ、八八の末広がりに期待をして寝ることにする。

Ⅳ 米国におけるゲーミング・カジノの制度と実態

客船クラスとドレスコード new! WiFi環境 new!

ホーランドアメリカラインの他の客船

連邦「非合法インターネット賭博執行法」 Unlawful Internet Gambling Enforcement Act, 略称UIGEA法、全く関係のない港湾安全法の一部として採択された。31 USC Sec とは、年米国連邦議会で中間選挙前会期末の最終日に可決された連邦法である。採択された法は、オンライン・ギャンブルの行為自体を禁止することを規定しているわけではなく、インターネット賭博の決済に絡む金融機関に対し、非合法と判断されるサイトに対する支払いを処理することを禁止する内容である。サイバー世界におけるサービス提供であっても、決済はバーチャルではなく、リアルな世界になることより、決済を規制することにより、結果的にネット賭博の利用を困難にさせるという考えになる。連邦司法省は過去ネット賭博を取り締まる根拠として、従前より旧態依然とした年連邦「有線法」(Interstate Wire Act, 公法 75 Stat )を根拠としていた。この有線法を改正することで、ネット賭博を規制するという考えをとらず、新たな法律を設け、決済関係を規制の対象とすることで、結果的にネット賭博を締め出すという制度的枠組みを構築したことになる。法は1年以内に連邦財務省と連邦準備銀行に対し、法の施行を定める細則を定めることを義務づけていたが、年10月にその案が提示され、公開意見聴取を経て年11月12日に規則として交付された。一方、その施行には1年間の猶予期間が設定され、年12月末には法が施行する予定であったが、準備不足として、年6月末まで延長され、同年7月からようやく施行され、現在に至っている。 競馬は米国でも伝統的に人気のある賭博種になるが、競馬場 オン・トラック にわざわざでかけて賭け事をするよりも競馬場外 オフ・トラック で賭け事を楽しむことの方が、明らかに現代人のニーズにフィットする。かつ、主催者側からみても場外で馬券を売ることができれば、合理的な売り上げ増の一手段になる。この結果、あくまでも州内という前提で、場外馬券販売 オフ・トラック・ベッテイング、OTB が発展していった。ところが、州政府内部では可能なかかる行為も州境を超えてなされる場合 即ち、州外の顧客が州内の馬券を買う、逆に州内の業者が州外の顧客に馬券を売る等の行為になる には、年「州際間競馬法」 Interstate Horse Racing Act, Title 18 USC Chapt 57 Sec の規定に基づき、連邦法違反とされてきた。同法は、電話・電報等の手段を用いて、州際間で賭博行為をすることを禁じているが、州内でかかる行為をすることは必ずしも違法とは明示的に定義していない。かかる理由により、一つの州内では、電話やその後でてきた通信手段であるインターネットを用い、馬券を州民に売買することは連邦法上違法ではないという解釈により、様々な州で 州内部という限定付で 実践されてきたという経緯がある。かかる環境下では、州際間でインターネットを用い、販売を増やしてもよいではないかとする声がおこるのも当然の理でもあり、年代末に連邦議会でかかる議論が生じてしまった。一方、年に連邦司法省は、連邦議会に対し、書面で見解を明らかにしたが、年州際間競馬法は、インターネットによる州境を超えたオフ・トラック・ベッテイング(OTB)を認めるものではないこと、かかる賭け事は明確に連邦「有線法」に違反することを主張した。司法省自体は州際間でインターネットを用い、競馬賭博をすることには、継続して反対という立場を崩さなかったことになる。ところがこの司法省の反対にも拘わらず、連邦議会は年の予算法案の中に紛れ込ませる形で、年州際間競馬法を改正し、インターネットによる州際間競馬を実質的に認める改正を決議してしまった。 上記の如き経緯により、現代米国では10年以上も前より、こと競馬に関してはオンラインによる賭け事が実質的に認められてしまっている。米国ゲーミング協会 AGA によると37の州で、年3億㌦の収益を上げるまでに至っているという。オンラインによる賭博の提供は、競馬を主催するホストとなる競馬協会、施行の規制を担う競馬委員会、オフ・トラック賭博の主催者との合意があり、初めて実現できるが、オレゴン州では、オンラインによりパリミュチュエル賭博を提供できる事業者をライセンスにより認知しており(Multijurisdictional simulcasting wagering hub)、ライセンスを得た9事業者が、全米に対しサービスを提供することが実践されている。 連邦司法省は、この「年州際間競馬法」の修正は、連邦法に基づくオンライン賭博禁止の原則を変えるものではないとするスタンスを崩していないが、現実には、オンラインによるパリ・ミュチュエル賭博 競馬オフ・トラック・ベッテイング は認められてしまっているという奇妙な実態がある。競馬の場合には、賭け金行動や決済にオンラインを用いるが、競馬そのものはシステムが提供しているわけではないために、カジノ等の他のオンライン賭博とは異なるという趣旨なのであろうが、この考え方に論理的一貫性があるか否かについては懸念もある。 米国籍を持つ船舶の内部では、米国法が適用される。一方、米国の領海を離れた公海上にある米国船籍の船舶における行為は、米国法が適用されても、米国州政府の管轄権が及ぶ領域ではない。よって、公海上にある船舶に対し、一州政府が州政府の規制を適用しようにも無理がある状況があった。ここに着目し、専ら公海上で賭博行為を顧客に提供する目的をもった船舶が横行した時期があり、これを「目的地の無いクルーズ船」(Cruise to Nowhere)と呼称する。米国の港をベースとした航海をするが、本来目的とする寄港地がなく、領海を出で公海上において賭博サービスを提供し、一定時間後には同じ港に戻ってくるという仕組みである。これは外洋航海をする国際的なクルーズ船とはその機能も内容もかなり異なる船舶になる。このCruise to Nowhereを規制するための連邦法が年に成立した「連邦賭博船法」 Gambling Ship Act of 、Title 18 USC Chap 50 Sec である。米国船籍の船舶内において実質的な賭博行為を禁止する内容となり、自国領海、公海を問わず、米国で登録され、かつ米国市民がその過半を所有する船舶は、理由の如何を問わず、全てこの規制対象となった。本来Cruise to Nowhereを規制対象としたものであったが、この法律の結果として、外洋を航行する本来の米国籍クルーズ船もこの対象となってしまった。この結果、以後、米国籍船のクルーズは殆どなくなってしまうという事象をもたらした。米国に寄港する外洋を航行するクルーズ船舶は殆ど全てが外国籍船となり、米国の領海を離れた公海上で当然のことながら、遊興としてのエンターテイメントカジノ賭博を提供してきたのが現実である。

コメント