インスピレ

ギャンブル勝利金に税金ナシの16国

高収入スウェーデンカジノ – 58491

カジノに特化し、格式も高いヨーロッパ型スモールカジノ

過去にバカラで、万円を4時間半で22億円にしたことがあり、カジノでの破綻も経験している元大王製紙会長の井川意高さん。マカオにあるカジノのVIPルーム専用のエージェントとして、億単位のゲームに立ち合うことも多く、 『カジノエージェントが見た天国と地獄』 という著書も出した尾嶋誠史さん。カジノの魅力と恐ろしさを熟知する2人だ。 井川:  私が初めてカジノを体験したのは20年くらい前。ゴールドコーストのコンラッド・ジュピターに、経営者仲間4家族で行ったのが最初です。バカラで万円が万円になって、単純に「カジノって面白いな」と思いました。 もともと私は小学生の頃に麻雀を覚えて、中学時代は学校をさぼってパチンコをやっていた人間 。ギャンブルは、もうずっと好きなわけです(笑)。ただ、当時のカジノは今ほど便利な場所になく、行けても1~2年に数回。旅行ついでに~万円くらい持って、チビチビやっていました。

ひとりディベート:カジノ解禁賛成派の論理

アメリカではギャンブル人口自体減少しており特に若者がギャンブル離れをしています。 今の若い人達は私たちオジサン・オバサン達が思うより堅実なんですね。ラスベガスでさえギャンブル gaming からの収入ではなくそれ以外 non-gaming 、ショーや他の娯楽施設からの収入が6割以上です。 Las Vegas Hasn't Been About Gambling Since Casinos' Demographic Problem: How To Replace Older Slot Players。 アメリカ中流層に人気のあるのはクルーズ 。 アメリカ人は日本人と同じくらい有給休暇が実は少ないです。子供を広いリゾート内に野放しにするのは抵抗がある彼らでも、船の上と言う限られた場所は、比較的安心してプールサイドでウトウト出来る絶好のチャンス。子供が怪我でもすれば、訴訟問題になるので、誰かが直ぐ飛んできます。天気が悪けりゃ払い戻しに。 アメリカ中流層に人気のあるのはクルーズ 。 アメリカ人は日本人と同じくらい有給休暇が実は少ないです。子供を広いリゾート内に野放しにするのは抵抗がある彼らでも、船の上と言う限られた場所は、比較的安心してプールサイドでウトウト出来る絶好のチャンス。子供が怪我でもすれば、訴訟問題になるので、誰かが直ぐ飛んできます。天気が悪けりゃ払い戻しになり、アメリカ人にはピッタリ。結婚式や披露宴もポピュラーです。毎日違う島を周るカリブ海方面が人気で、観光した後はサッサと船に戻って次へ行きます。私はこういう旅は好かないのですが、やんちゃな子供がいて、日疲れてなにもしたくないという気持ちは理解できます。もちろんディナーショーやカジノ付きのもあります。 高い飛行機代払って13時間の時差ボケに耐え、日本に来てまで同じ事をする意味がない 。こういった中流層には異文化のストレスを体験したいなどと言う心の余裕もありません。何よりクルーズはコスパが良くカリブ海方面5泊でドル程度からあります。

高収入スウェーデンカジノ – 9302

ひとりディベート:日本でのカジノ解禁問題の背景

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。 イギリスには軒のカジノがあり、他の諸国のカジノの多くは大都市から30km以上離れた場所にあるのに対して、イギリスのカジノは街の中心地にあります。 全てクラブ組織となっており、18歳以上限定の会員制で、入会申請後24時間待たなければならないクラブや、現地申込後48時間を経過しないと入場できないクラブなど、その規定は厳格であります。 またロンドンのクラブは年会費を2ポンドから25ポンド必要となりますが、地方都市のクラブは無料のところも多く存在しています。 クラブでのカジノは、アルコールの提供やショウなども禁止され、純粋にギャンブルだけを楽しむ場所として運営されている他に、ディーラーへのチップも禁止されていることもイギリスのクラブカジノの特徴といえます。 カ・ヴェンドラミン・カレルジ 年から営業している「世界最古のカジノ」のひとつとしても有名で、さらに音楽の教科書にも登場する世界的な作曲家であるワーグナーが亡くなった所としてもよく知られています。

コメント