インスピレ

ラスベガスのベストカジノ

ンの勝ち方ラスベガスカジノ – 63349

等身大ローローラーの寝言集

ラスベガスの基礎情報の第6弾はスロットマシンと テーブルゲーム のお話です。ここでは、詳しい遊び方というよりは、スロットマシンや テーブルゲーム とはどういうものか概要をお伝えできればと思います。 ラスベガスの空港に到着すると、空港内のスロットマシンが出迎えてくれ、これぞラスベガスという雰囲気を感じます(実際は帰国客の余ったドルを根こそぎ回収するためにほかなりませんが)。各ホテルのカジノにも、例外なくおびただしい数のスロットマシンが置かれていることは、 前にも書きました 。カジノ側の収入のうち、スロットマシンからの収入は増える傾向にあるようです。それは、一度設置してしまえば、 テーブルゲーム と違って、ディーラーを置く必要がなく、人件費を節約することが出来るからです。カジノ側にとって、スロットマシンは自働集金機の役割を果たしているものなのです(正確に言うと、スロットマシンの売り上げの全てがカジノの収益になるわけではありません。後述のメガバックス等は各ホテルのカジノが運営しているものではなく、独立した別の会社が運営しているもので、ホテルはただ場所を貸しているだけです)。 最低賭け金額(ミニマムベット)は台によって異なり、1セントのものから、5ドルくらいのものまであります(もちろん、ハイリミットエリアにはもっとスゴいのもありますが…)。大当りが期待出来るのは、1回あたりの最大金額を賭けるいわゆるMAXベットした場合だけであり、1枚賭けただけではが揃っても、たいした配当は得られません。スロットマシンの配当率は、概ねパーセント前後に設定されているそうですが、この配当率は、MAXベットすることを前提としているのです。従って、1枚賭けするのは、わざわざ自分から極めて不利な配当率を設定するようなものなので、 スロットマシンには、必ずMAXベットするようにすべき です。 いかなる テーブルゲーム でも、10ドルが1分後に100万ドルになることは絶対に期待できず、劇的逆転勝利を狙うにはこの種のスロットマシンが最も適していると言うことが出来ます。ただし、そのような事態が自分の身に起こるなどということは夢々期待しないことが賢明であり、帰りのタクシー代まで賭けて一発逆転を狙うより、素直に負けを認めることも大事です。 訴訟社会アメリカにおいては、幸運で賢明なギャンブラーは、このような場合、最善の対処策を講ずるため、すぐに弁護士を呼びます。配当金の受け取り方法についての交渉はもとより、大当りした幸運なギャンブラーとしてマスコミのインタビューを受ける際の ギャランティ ー、肖像権の管理等、様々な事項を依頼するわけです。当然、この場合の弁護士はネバタ州の資格を有している者でなければならないので、残念ながら、日本の資格を有している優秀な弁護士でも、お役に立つことは出来ません。 カジノにはスロットマシンの他、ルーレット、 ブラックジャック 、 バカラ 、クラップス等各種 テーブルゲーム があります。せっかくラスベガスに来たからには、手軽なスロットマシンばかりで遊んでいないで、是非とも テーブルゲーム でプレイすべきです。

この旅行で行ったホテル

関空に到着。 14時30分よりチェックイン開始でした。 前回は、13時30分だった気が……。 そんなわけで、ちょっと待ちぼうけなのでした。 出国手続きを行い、ラウンジにてまったりなのです。 ANAのプラチナメンバーですので、エコノミーですが、 飛鳥ラウンジにてまったりなのです。 案外、ここのラウンジの使用頻度高いです。 もち一番多いのは大阪国際空港のANAラウンジですけど。 続いてこちらが出てきたです。 鶏肉のカントリー風チキンジュのソース添えなのです。 別のコースなら牛ヒレ肉のステーキバルサミコオニオンデミグラスや、和食膳がありました。

コメント