インスピレ

カジノ法案最新情報まとめ【2020年最新版】|「日本カジノ研究所™」

日本人限定お台場カジノ – 59470

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

昨年12月2日、「カジノ法案」こと「IR整備推進法案」 以下、「IR法案」 が衆院内閣委員会で採決された。このニュースは国民にやや唐突な印象を与えたように思う。 新聞各紙の社説にも「唐突な採決に反対する」 毎日新聞 や「『数の力』を振り回すな」 朝日新聞 といった言葉が並ぶ。 そのような中で、 猪瀬直樹 は 日本カジノ学会で理事を務め、都知事時代には「大人の社交場」としてのカジノ設置を提言していた 。対する鍛野(かじの)ミミは、カジノディーラー及びカジノビジネスで26年のキャリアを持ち、年よりIR誘致のためカジノコンサルティング業務とIR講師を担っている。 今回はこの2人によるトークライブ「カジノ法案可決!どうなる!? 年カジノ誘致のシナリオ」の模様をお送りしたい。これから活発になっていくカジノ設置の議論について理解を深めるうえで、立場を異にする2人からの提言は大変有意義なものだった。

カップル、家族でも楽しめる魅力的な施設が満載

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ビジネス レジャー・観光・ホテル。 カジノ会社幹部「お台場は今も有力候補地だ」 大手サンズは、日本進出をあきらめてはいない。 関田 真也 : 東洋経済オンライン編集部 著者フォロー。 かつて「観光立国」のための起爆剤として位置づけられていた、カジノなどを含む統合型リゾート〔Integrated Resort(以下 IR)〕構想。政府は年東京オリンピックに向けて、IR開業に向けて動いていたが、いまだにIR推進基本法案が成立するメドは立っていない。3月末になって内閣官房の特命チームが業務を凍結する方針を固めるなど、その先行きは不安定なままだ。

日本一近く、世界一日本人に優しいパラダイスシティ

カジノ法案(統合型リゾート IR 整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といい、簡単に言うと 「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」という法律 です。 では、この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、カジノのほかにホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設を一区画に含んだ 複合観光集客施設 です。 日本から気軽に行ける大規模なIRといえばマカオ。「ヴェネチアン・マカオ」は館内がまるごとヴェネツィアの街に!ゴンドラで移動しながらショッピングが楽しめます。 他にもエッフェル塔がそびえ立つ「ザ・パリジャン・マカオ」など、スケールの大きさに目を見張るばかりです! 世界のカジノ都市を代表するアメリカ・ラスベガスには、カジノホテルがたくさん。ラスベガス最初のカジノホテルとして知られる「フラミンゴ・ラスベガス」は、まさにオールド・アメリカンなカジノのイメージそのもの。 映画のようなクラシックなカジノ体験が待っています。 最初に法案が提出されてから6年、カジノ法案が成立するまで、非常に長い間議論がされてきました。今でも反対派の意見は根強く、それほどまでに賛否が分かれる法律なのです。 その賛否の元とも言える、カジノ法案によるメリットと問題点を見ていきましょう。

コメント