インスピレ

【2020年最新】オンラインカジノは違法なのか、合法なのか、真相に迫る。

オンライン合法グランカジノ – 29254

オンラインカジノに違法性はあるか?

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。 オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。 海外で合法のサービスを日本国内から利用する事に関しては、また意味合いが変わってきます。 日本人がラスベガスにいってカジノで遊んでも、合法国での遊戯なので、全く問題はありませんが、これが日本国内であれば、「闇カジノ(違法カジノ)で賭博行為をした」とみなされ、賭博罪に問われる事になります。 これはここ数年、芸能人やスポーツ選手で話題になったので、かなり解りやすいかと思います。 ですが、インターネットを介して合法国のサービスを日本国内から利用する場合は、確実な論理はありません。

日本人の為のオンラインカジノ【JOC】

更新日: 年6月5日。 まず、オンラインカジノ運営は違法なのかです。 オンラインカジノは、海外企業がその国から認可を受けて、オンライン上で運営していて、プレイヤーは運営国のゲームサーバーにアクセスして遊んでいるかたちです。この場合、オンラインカジノ運営会社は、その国の法律にもとづいて、その国で営業しているので、違法性はありません。 では、日本からアクセスして賭けをしているプレイヤーはどうでしょう。 日本の法律では「賭博をおこなうこと」も禁止されているので、違法にみえます。ただ、日本の賭博罪というものは「対向犯」といわれ、対向する存在どちらも裁ける状況が必要とされています。そうなるとオンラインカジノの場合、運営側に違法性がない以上、プレイヤーだけを裁くことは出来ないことになります。 オンラインカジノなんて、基本的に勝てないと思っているかたもいると思います。 もちろんギャンブルですので、かならず勝てるというものではありません。ただ、世にあるギャンブルの中で一番勝率が高いのが「オンラインカジノ」なのは間違いありません。

日本のカジノ事情のまとめ(1~20件 / 44件 )

ワールドカジノナビ 日本のカジノ事情。 日本のカジノ事情 年の東京オリンピック開催に向けて、海外の旅行者が楽しめて且つ、日本全体に雇用や税収が増える期待が持てるランドカジノの設立を、超党派の議員が進めています。日本のカジノ合法化はすぐ目の前まで来ているかもしれません。

コメント