インスピレ

大阪の大阪による大阪の ためのIR:「IR推進”100 社”会」の存在意義

本当に勝てる大阪のカジノ – 12721

ベストアンサー以外の回答

出典:MGM Resorts International。 IR (統合型リゾート)とは、全体面積の3~5%に過ぎないカジノなどのゲーミング部門が事業全体の 50 ~ 80 %の収益を上げ全体収益の核となることで、劇場やアリーナ、美術館、博物館、国際会議場、展示会といった採算性が不安定なエンターテインメント部門とコンベンション部門(MICE)を支える仕組みの事です。 IR の代表的な成功例は、 シンガポールの マリーナベイ・サンズ が有名です。 今回可決されたIR法案では、 国内設置数は当面3カ所が上限となります(最初の区域認定から7年後に見直し)。また、カジノの開業には立地自治体の同意を得ることが条件なっています。以下、今回の カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法のポイント を見て行きましょう。 附帯決議の趣旨を踏まえ、認定申請をする自治体の議会の議決と立地市町村の同意を要件とすることにより、地元での合意形成を制度化する。なお、立地市町村の同意については、地方自治法第 96 条第2項の適用により、条例で議会の議決すべき事項として定めることができるものである旨を確認的に法定する。IRの設置について「立地自治体の同意を得る事」が条件となっています。 1の先行者メリットを享受する為には、立地自治体がIRの本質を理解し、積極的に誘致している事 が重要です。

IR世界大手がぶち上げた最大1兆円投資計画

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。

ラスベガスのカジノ王が「大阪」にこだわるわけ

コンペに臨む海外IR業者も、その存在を軽視できなくなっている。現在、最前線の大阪市内には日本MGMリゾーツ、メルコリゾーツ&エンタ ーテインメント、ゲンティン・シンガポールの3社が事務所を構えているが、実際にある事業者から「あれだけの組織。意識せざるを得ない」との声も聞いた。 IAG: 参加企業はそうそうたる顔ぶれだ。 KH: 「飲食、観光、交通インフラ面などすべてプロ集団。魅力ある企業がそろった。コンペに勝てる集団を目指している」。 IAG: 取り組む姿勢は? KH: 「関西には関西ならではの観光や文化がある。海外事業者と大企業に対し受身にならず、街づくりを熟知している地元企業の積極的な参画が大切だ」。 IAG: 関西は国宝、文化遺産の宝庫でもある。 KH: 「それも強みだ。これまでも魅力を発信してきたが、さらに連携を深める。寺社仏閣に加えて和食、舞妓、能楽などジャンルは広い。私たちには実績もあり、ノウハウもある」。 IAG: IR推進へ地道な活動も行っている。 KH: 「大阪市内台のタクシー媒体を活用した応援ビデオや、大阪市内の観光スポットを巡るループバスにIR推進のラッピングをして走らせた。依存症対策にも取り組んでいる」。 IAG: 大阪IR基本構想案によると大阪IRの年間売り上げは億円の見込みとか。 KH: 「私たちが関わるのはいわゆる3号、4号施設と言われる魅力増進施設と送客機能施設。食、歴史、文化などの魅力を伝え、これらの場所へ運ぶのは得意とするところ。地域全体が潤うのが肝心だ」。

コメント