インスピレ

カジノのスロットマシンの機械割を調べてみる

換金率スポーツブックのルール – 40227

カジノおたくCAZY(カジー)のブログ

ギャンブルに関心があるなら、 還元率(かんげんりつ) や 払戻率(はらいもどしりつ) 、 控除率(こうじょりつ) という言葉はなんとなく耳にしたことがありませんか? 競馬やパチンコ、カジノのテーブルゲームなど他のギャンブルでプレーした経験があって、これからスポーツベッティングに取り組むなら、 ブックメーカーにおける還元率の意味合いを理解することは勝てるプレイヤーになるための一つのステップになる と思います。 簡単に言えば、 還元率とはそのギャンブルを運営する側(俗にいう胴元)が、プレイヤー全体から集めた賭け金(投票額)から払い戻す割合を示すものです。 払戻率も意味は同じ。そして控除率は、還元率の反対です。運営側の目線で、賭け金総額からどれだけ回収するかの割合を意味しています。 還元率・払戻率は、英語で Payout Rate (ペイアウトレート、単にペイアウトとも)言われます。そして控除率は House Edge (ハウスエッジ)や Margin (マージン)と呼ばれます。

関連記事(一部広告)

いよいよ来週 6月13日から、第回 全米オープンゴルフ選手権 が始まる。  第一次世界大戦と、第二次世界対戦で中止となった6回を除き、 年 から続いている伝統の一戦だ。  会場は、今年開業周年を迎える名門コース、 ペブルビーチゴルフリンクス (カリフォルニア州)。 日本からは、今季復調の兆しが見えてきている 松山英樹 ら4選手が出場。  そして注目はなんといっても、セックススキャンダルや腰痛などによる長期の戦線離脱から事実上の現役復帰を果たし、昨シーズンの最終戦で優勝を遂げた タイガー・ウッズ だろう。今年のマスターズも制し完全復活ののろしを上げ、その勢いでこの伝統の一戦にのぞむ。 さてここラスベガスでは、スポーツも賭けの対象となっていることは周知の事実。各カジノ内にある 「スポーツブック」 (写真)と呼ばれるセクションに行けば、さまざまなスポーツに賭けることができ、この全米オープンも賭けの対象となっていることは言うまでもない。 その勝者を当てる賭けの払い戻し倍率がすでに各カジノから発表されており、注目のタイガー・ウッズは、1番上の写真のカジノでは現在 8倍 。  この8倍は、もっか世界ランク1位でこの大会を2連覇中のブルックス・ケプカの5倍、つい先日まで世界ランク1位だったダスティン・ジョンソンの7倍に次ぐ3番人気だ。 さて日本のエース 松山英樹 (世界ランク29位)はどうかというと、この写真を拡大してもらえればわかる通り 30倍 。  この数字をどう判断するかは人それぞれだが、とにかく10ドル賭けて松山が優勝すればドル、賭け金も含めれば ドルが払い戻されることになるわけで、もし優勝確率に対してこの倍率が高配当と判断する者は賭けてみるとよいだろう。 ただ、賭けの締切は試合開始の直前、一方、試合結果がわかるのは大会最終日の夕方。したがって賭けるためには、そして的中した場合の配当金を受け取るためには、6月13日の早朝以前から 16日の夕方までの期間、ラスベガスに滞在している必要がある。(もちろんその間、どこか他の街に出かけていてもかまわないが)。

1-4 近代スポーツを生んだ英国の階級文化

ブックメーカーとは海外で合法的に運営されている賭けサイト、いわゆるオンラインtotoのようなものです。 スポーツベットやスポーツベッティングなどとも呼ばれています。 スマホ さえあれば 2~3分で登録できて、いつでも気軽に利用 ベット することができます ! いわゆる、 国内の公営ギャンブルが賭けの胴元なのに対し、ブックメーカーは両替商などに近い手数料ビジネス の形 をとっており、それが配当金(オッズ)の高さに反映され、近年のブックメーカーブームのきっかけとなっています。 似たように見える二つのギャンブルですが、そもそも全く原理が違っています。 ブックメーカーで賭ける場合には、必ず配当金が提示されるのに対し、 国内の スポーツ振興くじを購入する際に、配当金が提示されない のは そういう理由があるからなのです。 ブックメーカー bookmaker とはイギリス発祥の賭けの主催会社の総称で、現在は世界中に数千社は存在すると言われています。事前に配当率 オッズ を提示し参加者を募集し賭けを行い、そのオッズ差で生まれる賭け金の一部を手数料として受取ります。取り扱う賭けの種類はスポーツに限らず、気象、政治、エンターテインメントまで多岐に渡ります。 当サイトで紹介しているブックメーカーは各国の法律やルールに従って健全に運営されている 合法で信頼できる賭けサイト のみをご紹介致しております。

コメント