マラソン

ホテルオークラ音楽賞

賞オッズホテルオークラカジノ – 6023

株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメント

その後「ギャラクシーマカオ」は第2期工事で累計額億香港ドル 約6,億円 を投資して施設を拡大し、年5月27日にリニューアルオープンしました。敷地面積はこれまでの2倍となり東京ドーム約23。 同時期には2つ目のカジノや大型劇場を有するブロードウェイマカオを誕生させた他、地上階と1階の10万㎡の敷地内に、店のブランド店が入る「時尚大道中/Promenade Central」と呼ばれる巨大ショッピングモールと、店の飲食店が入る「Taste of Asia」と呼ばれる巨大フードコートも誕生させました。 さらにテナント型カジノVIPルーム「TAK CHUN VIP CLUB/徳晋集団」も加わり、ヌードルキッチン、カフェ、ジュエリー&時計店などが入っています。 ミニマムベット MIN BET )。 マックスベット MAX BET )。 Lucky Big Wheel。

コタイ・ストリップ開発を主導するラスベガス・サンズ社

マカオ最大の屋内ショッピングモール・サンズショッパーズ(Sands Shoppers Macao)には、実に店を超える免税店が入居しています。時計や宝飾品も目立ちますが、主役はファッションブランドでしょう。 日本のカジノファンとしても「ザ・ベネチアン・マカオ」や「マリーナベイ・サンズ」のような超豪華なIR施設が国内にできるのは大歓迎ですよね! カジノ自体には興味がない方でも、併設される遊園地やショッピングモールには期待できるはずです! 合法的な日本上陸を楽しみに待ちたいです。 駆け足で見てきましたが、いかがでしたか? コタイ・ストリップ(と総称されている地区)の開発はまだまだ続きます。すでにマカオ全体のカジノ売上はラスベガスを抜いていますが、コタイ・ストリップがラスベガス・ストリップを超えて発展する日もそう遠くないように感じます。 次回は、 マカオ半島のカジノ をご紹介します。コタイ地区よりも先に作られたカジノ群には、どのような特徴があるのでしょうか!?

コメント