マラソン

日本のマネーを狙う「カジノ」の知られざる実態

賭け方富裕層スロット – 58288

ベストアンサーに選ばれた回答

naruhikoだけど、一般では、なぜか「サンダー」 さん。 カジノの合法化は賛否両論ありますが個人的には条件付きで賛成です 経済効果を考えれば地域や日本全体の利益になりますからね またその利益が地域の住民へ還元されるのなら喜ばしい限りです カジノ目当ての海外からの観光客も増えるでしょうから ただ条件と書いたのは利益の還元も勿論そうですが1番大切な部分。

ベストアンサー以外の回答

おそらく、チェックインにかかったのはわずか10分足らずだったと思うのですが……。それでも彼は、僕があ然としている間に「もう一度巻き返してやる」と、再びカジノに吸い込まれていったのです。結局、3日間の滞在で30億円ほど負けて帰っていきました。 あれほど負けっぷりのいいお客様は、いまだかつて見たことがありません。  また、マカオの場合、全体のお客様の8~9割方は中国人ですが、日本人の方もたまにいらっしゃいますね。 以前、一番大勝ちされていたのが日本人旅行者のお客様で、元手3万円を3億円にした30代の男性サラリーマンでした。  彼がマカオに来たのはそのときが初めて。 「思い出づくりに」と、3万円ほどの軍資金を持って一般フロアで遊んでいたのですが、スロットマシーンで高額ジャックポット(大当たり)が発生! たった1時間で3億円もの大勝ちを収めていました。一般企業にお勤めの方でしたが、おそらくその後、会社は辞められたんじゃないでしょうか。  額の大きさで言えば、半日で6億円を稼いで颯爽(さっそう)と引き上げて行った、黒髪で中肉中背の中国人女性客にも驚かされましたね。4日間の滞在で彼女がカジノに現れたのはその日限り。後はお友達とマカオ観光を楽しんで、笑顔で中国に戻られました。 木村拓哉  5月25日、政府が緊急事態宣言を全面解除したのを受け、休止していたドラマなどの撮影が6月に入って順次再開されている。 「多くのスタッフ、出演者が関わるドラマはクラスターになってはいけないと、各局がかなり細かい制作ガイドラインを作成していますね」 (芸能プロ関係者)  特に『報道ステーション』の富川悠太アナウンサーや『魔進戦隊キラメイジャー』主演の小宮璃央など、番組関係者から複数の感染者が出てしまったテレビ朝日は他局以上に厳しいルールが設けられているようだ。同局の制作マニュアルによると、 《少しでも安全性が損なわれた撮影を行った場合、すぐにSNSなどで広まってしまい社会的な責任を問われる事態になります。一般視聴者からの視線を常に意識し、決して無理のない撮影を行うということを心がけてください》 《キャスト・エキストラを含めて1度に20名を超えるシーンの撮影は当面禁止する》 《メイク1名につき1日あたり担当するキャストは3名程度にする。極力キャスト毎に別々のものを使用すること》  など、具体的な人数を明記し、感染防止を優先することが記されていた。

【規格外のサービス】マニラ最大規模のカジノを有する「オカダマニラ」がこの世の天国過ぎた。inフィリピン


コメント