マラソン

【ベトナム編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル

ボーナス還元ハリウッドワンカジノ – 38299

ベトナムに移住してもう6年、この環境が日常となってしまい忘れてしまった事も多々あるけれど、なるべく気づいた事とかをブログに書いていきます

カジノゲームの一つとして有名なブラックジャックをご存じでしょうか。 このブラックジャック、海外では若者から主婦層、ビジネスマンに人気のあるゲームなのです。 その理由はマニュアル本に書かれている方法を身につけることができれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができるからなのです。 とはいってもギャンブルだから、お金を稼ぐだなんて絶対に無理だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、海外では、パチンコ店に行く感覚でブラックジャックを楽しむ方がたくさんいるのです。 カジノゲームの中で、初心者の方でも気軽に遊ぶことができるブラックジャックですが、カジノ店にお客が少ないと、ディーラー対プレーヤーが1人のみということもあります。 こんな時は要注意してください。 ディーラーが1人のプレーヤーにカードを配るとすぐにカードがめくられ、ゲームの勝ち負けが分かります。 1対1のゲームを実際にやってみるとわかりますが、プレーヤーが自分一人だと、かなりの重圧がかかります。 プレーヤーはカードを引くか、引かないかの選択権がありますが、向かいのテーブルにいるディーラーをあまり待たせると悪いと思い、ゲームを慌ててしまうことがあります。 1対1のゲームの場合、あっという間に賭けチップをディーラーに吸い取られてしまい、思わず心の中で泣いてしまうこともあるかもしれません。 実は、ゲームの進行を早めるのは、ディーラーのテクニックの一つだと思っておきましょう。 本場のカジノでは、ディーラーは歩合制である場合が多いため、いかに客から賭けチップをまきあげることができるかが重要なのです。 そこで、ブラックジャックのテーブルを選ぶときは、すでにテーブルに2人か3人腰かけているテーブル席を選ぶことが大切です。 ゲームの進行はディーラーが握っているので、複数のプレーヤーがいるテーブル席の方が、カードを引くか引かないかについても、冷静な判断をすることができるのです。 プレイヤーとディーラーが1対1の勝負を行なうブラックジャックはカジノでは大変人気があります。 ルールは、点数合計が21を超えないようにしながら、点数の合計を21に近づけた方が勝ちと言うシンプルな物になっています。 そして単に数字の単純な合計では面白くないので、絵札は10とみなし、Aは、11か1とカウントします。 そしてゲーム中でディーラーから配られたカードが、Aと10に相当するカード、つまり10・J・Q・Kのいずれかで21点になるようなことが、稀に有ります。 これは大変ラッキーなことであり、ナチュラルブラックジャックあるいはナチュラル21と言われています。 そして、ここでいうナチュラル21は、スペードの黒のエースとジャックの組み合わせの事をさし示します。 スペードの黒のエースとジャック、これこそがカードゲームであるブラックジャックの名前の本当の由来なのです。 古くは中世ヨーロッパの時代にその由来の内容が、忌み嫌われた時代が有り、それ以降の歴史から消えてしまったのでした。 オンラインカジノや通常のカジノなどでは、賭ける金額は青天井ではないのかと思われる方も多いでしょう。 しかしそんなことはありません。 というのも、正規の大きなカジノでは料金に対して最大限のベット額が決められているので、それ以上の賭けをしようということが難しいのです。 そのため、自分たちで楽しめるプレイとして、節度あるやり方での投資が求められています。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

基本的にルールは簡単でプレイヤーが勝つか、バンカーが勝つか を予想するだけの、至極単純なものです。最初にディーラーがカードを配りますが、配るのも、カードをめくるのも全てディーラーがするため、プレーヤーはチップを賭けて座るだけ。本当に至って簡単なゲームなんです!!!1ゲームも、たったの1分で終わり、勝てば利益は一気に2倍にも増えるのもこのゲームの魅力です。つまり、、、、1000ドルかけて勝ったら、1分で2倍の2000ドルになるっていうことです!!!これはやりたくなりますよね? バンカーに賭けて当たった場合に、コミッションが抜かれますが、 3枚めのカードはプレイヤーが先に引くので、わずかにバンカーの勝率が上になってます。よって還元率はどちらもあまり変わることはありません。還元率自体も実際はさほど悪くはありません。およそ5割の勝率で、理論的には1勝勝ち越せばほぼ必ずプラスにもっていけます。 また、タイ(引き分け)の還元率は見て通り悪いので、あまり頻繁に賭けるのはおすすめしません。

カジノ・ハウス(字幕版)(プレビュー)


【ベトナム編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル | casimo(カジモ)

この記事は、 年4月02日 追記あり の情報です。 ハノイ はやはり日本と違い、エンターテイメントも少なく限られてきますが。 何度も ジャックポット を落としたり、会員カードがグレードアップするぐらいは通ってあそんでます。

コメント