マラソン

メルコ、日本でのIR実現に向けて「横浜ファースト」戦略を発表

ゲームアプリメルコクラウンカジノ – 47835

メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッド(NASDAQ:MLCO、以下「メルコリゾーツ」または「メルコ」 は、統合型リゾート施設を誘致する方針を固めた横浜市の発表を受けて、以下のとおりメッセージを表明いたします。 メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー会長兼最高経営責任者 は、次のように述べています。「横浜が市内に統合型リゾートを誘致する意思を表明したというニュースを聞いて、大変期待が膨らんでおります。横浜が有する立地条件、充実した通信システム、活気、開拓精神は、今回のような大規模で多くの注目を集める開発にとって大変魅力的です。メルコは、この地域とのコミュニケーションを更に深めるために、経験豊富で献身性の高い専門チームを、新しい横浜オフィスに配置いたします。」。

ゲームアプリメルコクラウンカジノ – 63378

日本の統合型リゾート導入で活躍が期待される世界のカジノ大手

NSW独立酒類・ゲーミング局はメルコが州のカジノライセンス保有に適正であるかを調査している。今この調査が確実に打ち切られようとしていることで、我々は不利な判決(または単に調査が進む中で現れてくる情報ですら が、ホー氏の会社のはるかに壮大な世界進出という野望、特に日本と関わる中でのその野望に悪影響を及ぼし、信用の失墜に繋がるかもしれないという懸念がホー氏にこの決断をさせるに至ったのかどうかについてはもう知ることはできない。メルコが過去に誠実性調査に合格した一方で、豪メディア、法曹界および政界には、過激なギャンブル反対派の勢力が相当いることが知られており、さらにそこにかなりの数の外国人嫌悪勢力が投げ込まれたことで、メルコにとって公正な公聴会を開くことは難しくなっていると言える。 その財政責任に加えて、メルコは マカオ時間 水曜夜に、回転信用供与枠で約2,億円の借り入れができる銀行団とのシニア・ファシリティ契約への署名を発表した。そのうちの約億円が既存債務の借り換えに使用される一方で、同契約は最大約億円の増加型融資枠の選択肢を与えており、メルコはさらにおよそ1,億円の流動性資金を手にできる可能性がある。その資金は既存事業の強化、そしてさらに必要であれば「日本での軍資金」に使うこともできる。 ブラックストーンの取引をおそらくあまり喜んでいないのが、クラウン・リゾーツだろう。同社のほぼ20%を取得する昨年のホー氏のパッカー氏との当初の契約を沈黙して見ていたクラウン・リゾーツではあるが、その新株主の存在は、同社のVIPビジネスを大きく増強させてくれることは確実だった。メルコの旗艦施設であるマカオのシティー オブ ドリームス単体での年のVIP売上高は同年のクラウンのグループ全体の売上高の2倍以上だった。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

SBIグループサービス

メルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー会長兼最高経営責任者 は、次のように述べています。「『横浜ファースト』とは、優れた専門家と人材で構成する素晴らしいチームが、世界でも類を見ない最高のIRを横浜市に実現するために力を結集する計画です。このチームには、横浜の未来に貢献し、同市が国際的な観光地としてさらに発展していくことに寄与する活動を行うための十分な準備ができております。そしてメルコは横浜市およびその地域一帯にふさわしいパートナーとなるべく努力してまいります。」。 ローレンス・ホー会長兼最高経営責任者 は、次のようにも述べています。「これまで思慮深く対応してくださり、建設的に対話させていただいた大阪府市に感謝の意を表したいと思います。大阪市の夢洲におけるIR建設に向けた取り組みについて、これまで大阪府市とともに重ねてきたプロフェッショナルで協力的な話し合いに、個人的にも大変感謝しています。」。 アジアおよびヨーロッパにおいてゲーミング事業およびエンターテインメントリゾート施設の開発、所有、運営を行う当社は、米国預託証券であるナスダック市場(NASDAQ: MLCO)に上場しています。当社は現在、マカオのタイパ島にあるホテルリゾーツであるアルティラ・マカオ(www。

メルコ・クラウン、日本のカジノ設立で投資に上限設けず

com 、マカオのコタイ地区にある統合型アーバンゲーミングリゾートであるシティ・オブ・ドリームス マカオを運営しています。マカオでは最大級の電子ゲーム機施設であるモカクラブ(www。 com)の過半数の株式を保有し、同施設の運営にも携わっています。マカオのコタイ地区にあるスタジオ・シティは、映画をテーマにしたリゾートとしてショッピングエリアとゲーミング施設を備えています。フィリピンでは現在、当社の子会社がシティ・オブ・ドリームス マニラ(www。 ph)を運営・管理しています。同施設はゲーミング、ホテル、エンターテインメント施設が統合されたリゾート施設であり、マニラの観光経済特区エンターテインメント・シティにあります。ヨーロッパでは、年の開業を目指しヨーロッパ最大級の統合型リゾート地となることが期待されるキプロス共和国の"シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアン 統合型リゾートプロジェクト   www。 cy "を展開しています。当社は現在、キプロス共和国初のカジノであるキプロス・カジノと三つのサテライト・カジノに加え、年末までに開設予定の第四サテライト・カジノを運営していますが、シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアンの開業後も、シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアンの運営とともに、引き続き四つのサテライト・カジノを運営していきます。また当社はクラウン・リゾーツ・リミテッドの株主も保有しています。同社はオーストラリア証券取引所の上場企業で、メルボルンとパースのクラウン・エンターテインメントコンプレックスを運営。イギリスでは、ライセンス認証されたロンドンのハイエンドカジノであるクラウン・アスピナルズを運営しています。同社の開発計画にはシドニー湾のバランガルー地区に建設予定のクラウン・シドニー・ホテル・リゾートも含まれています。またクラウン・リゾーツ・リミテッドはAspers Groupとノブの持ち分や、様々なデジタル事業の株式も保有しています。メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドの詳しい情報については、こちら(www。 com)をご覧ください。 メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドは、単独大株主であるメルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドが全面的にサポートしています。メルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドは、香港証券取引所のメインボードに上場されており、ローレンス・ホーが同社の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めています。

コメント