マラソン

スマートフォンアプリの代わりになる!?グーグルが進めるPWA: PROGRESSIVE WEB APPSとは

増やしたい賭け方プログレッシブ – 64917

OSって? ブラウザって? バージョンって?

みなさんがウェブアプリケーションを開発する時に、同時にスマートフォンアプリの開発も検討することは多々あると思います。 しかし、ウェブアプリとスマートフォンアプリは開発に用いるプログラミング言語も違うので、コストがかかってしまいます。 さらに、それを運用するとなるとなおさらです。 そんなコストをかけて、スマホアプリを作って採算が取れるのだろうか…そんな悩みはありませんか? そんな時はPWAで開発することを検討しましょう。 この記事では、PWAとは何か、どんなことができるのか、どんなメリットがあるのかを解説していきます。 目次。 PWA(Progressive Web Apps)とはGoogle社のプロジェクトで、ウェブアプリでも、ネイティブアプリのような動きができるようにしようというものです。 まずはPWAの前にウェブアプリとネイティブアプリについて見ていきましょう。 そもそも、いわゆるアプリケーションと呼ばれるものには、ウェブアプリとネイティブアプリがあります。 前者はウェブブラウザで動くアプリケーション、後者はPCやスマートフォンなどにダウンロードして使用するものです。 ウェブアプリはブラウザがインターネットにアクセスできないと使用できませんが、ネイティブアプリは、PCやスマートフォンの内部で動くので、インターネットにつながっていない状態でも使用することができます(一部機能を除く)。 では、ネイティブアプリってどんなものがあるのでしょうか? ネイティブアプリに該当するものは、例えば皆さんが使ったことがあるであろうExcelやWord、PowerPointなどがそうです。 あれはあくまでPCの中で動作しているので、インターネットに繋がっていなくても使えるのです。 他にも、Adobe IllustratorやPhotoshopもそうですね。 アプリストアからスマートフォンにダウンロードして使う、スマートフォンアプリと呼ばれるものも、ネイティブアプリの一種です。 PWAとは、ウェブブラウザを通して使用するウェブアプリなのに、スマートフォンアプリのような動きをするもののことです。 例えば、オフラインでも使えたり、プッシュ通知などの機能があったり… これらはすべて、スマートフォンアプリの特徴です。 PWA自体は、何らかの特別な技術というわけではなく、Google社が定める要素を備えたウェブアプリのことを指します。 その要素は主に、Reliable, Integrated, Fast, Engagingの4つです。

ディレクターによる連載「いいWebつくろう〜クライアントと制作会社〜」も、あっという間に2ケタ目に突入しました。第11回のテーマは、 対象環境におけるプログレッシブエンハンスメントという考え方 についてのお話です。・・・と言われても、ピンときませんね。 今までの連載でも ターゲットやペルソナ 、 コンセプト 、 デザインのための情報 などなど、Web制作を始める前には決めなくてはならないことがたくさんありました。その中のひとつに「対象環境」があるのですが、今回はこのあたりのお話になります。「対象環境ってなに?」「なんで決めないといけないの?」というところから、ひとつひとつ説明していきたいと思います。 OSとはOperating System(オペレーティング・システム)の略で……、ってこの時点でもうお腹いっぱいの方もいるかもしれませんね。 次の4つのOS名を把握していれば大丈夫です! OSとブラウザについて見てきましたが、それぞれにはバージョンというものがあります。 数字が大きいほど、新しいもの になっており、最近購入した端末であれば、自動的に最新版へアップデートされることが多いので、特に意識することはないかもしれません。 今回紹介するのは、ここ数年ですっかり定着してきたCSS3という技術を使ったときの、 対応しているブラウザと未対応のブラウザでの見え方の比較 です。具体的には、CSS3が対応している Chromeの最新版 と、対応していない IE8 で見たときの違いを紹介していきます。

Follow casinohikaku Tweets by casinohikaku PICK UP. PICK UP. No 4 DQ4 ADA Cardano. BET mBitcasino.

コメント