マラソン

クラップスのルールを徹底解説!初心者でも簡単にプレイできるの?

カジノで勝クラップスをプレイ – 48343

関連記事(一部広告)

クラップスでは、1回目にサイコロを振ることをカムアウトロールといいます。 カムアウトロールで「2」「3」「7」「11」「12」以外の数字が出た場合は、続けてサイコロを投げます。 2回目以降は、「1回目(カムアウトロール)に出た数字」か「7」が出るまでゲームは継続され、サイコロを振り続けます。 クラップスをプレイするには、クラップステーブルにチップを置いてベットを置きます。 チップアイコンをクリックして、チップを手に追加してください。手にあるチップをクリックするとそれらを取り除きます。 ベットを置くには、置きたいベットの種類があるテーブルの場所をクリックします。手の中にあるチップがテーブルの上に置かれます。緑のエリアにベットを置くこと(追加すること)ができます。逆に言えば、赤のエリアにはベットを置くことはできません。 テーブルからベットを取り除くには、ベットを右クリックします。手の中のチップ量がテーブルの山から取り除かれます。 テーブルにベットを置くのを終了したら、ロールボタンをクリックしてダイスを転がし始めます。 ダイスが止まった後に、テーブルから負けたベットが取り除かれ、勝ったベットに支払いが行われます。勝ったベットには、賞金が支払われた後に元のベット額が返金されます。また、タイ(引き分け)のベットも返金されます。 次のロールでも再び同じベットをしたい場合は、Repeat(リピート)ボタンを押すと、前回のベットが全て再び置かれます(有効なベットだけ置かれます)。 全てのベットはダイスを転がす前に置かれなければなりません。 ドントパスはパスラインベットのほぼ反対です。カムアウトロールが2または3の場合、あなたが勝ちます。7または11だとあなたの負けになります。12は引き分けです。その他の場合は、ポイントまたは7が出るまで、ダイスは何度も投げられます。ポイントが出る前に7が出た場合、あなたの勝ちです。 多くのプレイヤーはドントパスにベットすることを選びません。なぜなら、このベットはシューターの反対に賭けることになるからです。このベットは「間違った」ベッターとも呼ばれます。そしてみんなが負けている時に勝ち、そして逆の場合には反対の結果となります。 ドントパスベットのハウスエッジは1。 これはオッズを買うの反対です。すなわち、ポイントの前に7が出ることに賭けることです。 ポイントが4または10の場合、ドントオッズはを支払います。 ポイントが5または9の場合、ドントオッズはを支払います。 ポイントが6または8の場合、ドントオッズはを支払います。 クラップスでは、4、5、6、7、8、9、10は「プレイスナンバー」として知られています。プレイスナンバーのいくつかまたは全てにお金があるプレイヤーは、希望するプレイスナンバーに賭けるために一定のベットをすることができます。これらのベットはオッズのように機能しますが、より悪いオッズを支払います。例外は「ハードウェイ」ベットで、以下がその説明です。カムアウトロールまたはドントカムベットの上のオッズベットのように、プレイスナンバーベットはカムアウトロール中に賭けます。これらのベットはいつでも取り除くことができます。 クラップスでは短気になると高いハウスエッジという形で支払うことになります。短気または無知なプレイヤーからさらに摂取するために、全く同じことに2つか3つの異なるベットが存在することがあります。それらは全て異なるオッズを支払います。プレイヤーは最高のオッズの選択肢だけにベットすると思うかもしれませんが、そんなことはありません。より高いハウスエッジの同じベットに賭けてお金を捨てているプレイヤーを頻繁に見かけます。例えば、6のプレイスベット、6のバイベット、およびビッグ6は全て6が7より前に出ることに賭けますが、それぞれ、、を支払います。ハウスエッジは、1。

🎲一見難しいけど意外と勝ちやすいクラップス

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。 それと同時に、このクラップスがカジノゲームの中で 最も勝率の高い (期待値が高い)ゲームである(特殊な条件下でのビデオポーカーなどを除いて)ということも覚えておいていただきたい。特に後述する「オッズ賭け」は、カジノ側の控除率がゼロなので、勝てる可能性が十分にある。 クラップスというゲームは、基本的には サイコロの出る目を当てるだけ の極めて単純なゲームだ。  つまり、ブラックジャックのような「ディーラーの手に対して各プレーヤーが個別に勝負する」という「対戦型」ではなく(したがってクラップスには「自分の手」というものは存在しない)、勝負はただ単にサイコロの目を当てたプレーヤーに対してカジノ側が払戻金を支払うというだけの単純な勝負形式となっている。 ブラックジャックにおいては、基本ルールや戦略を知っているのとそうでない場合とでは明らかに勝敗の結果に差が生じてくるが、ルーレットの場合はだれがどのような賭け方で勝負しようがすべて同じ期待値になるように配当倍率が設定されているので(例外的な賭けも、ごくわずかに存在しているが)、知識の差や熟練度の差によって勝率に差は生じない。  ようするにルーレットでは確率論的な戦略や必勝法などはまったく存在せず、勝敗結果はすべてそのときの運だけで決まってしまう。

まずは皆さまにカジノについて正しい情報を知っていただく。それが日本カジノ解禁の第一歩です。

カジノ ゲームの初心者には、クラップスのルールは複雑かもしれません。 クラップスの初心者の方は、雑然としたクラップスのテーブルや熱狂的な環境におじけづく必要はありません。 クラップスのルールを覚えて、勝負の早いエキサイティングなダイスゲームをプレイすると、クラップスが人気のある理由がわかります。 ダイスの1投目は、カムアウトロールと呼ばれます。 簡単なパスラインへ賭けるには、パスラインと書かれている部分にチップを置きます。 カムアウトロールでナチュラルが出れば、プレイヤーの勝ちとなります: 次の目が出れば、プレイヤーの負けとなります:2、3、または12。 カムアウトロールで上記以外の目、4、5、6、8、9または10が出た場合、その目がプレイヤーのポイントとなり、2投目以降はそのポイントか7のどちら かが先に出るまで振り続けます。プレイヤーのポイントが7より先に出れば勝ちとなります。 パスラインへの賭け方を知っていれば、クラップスの大部分が理解できます。 オッズベット: これらは、パスラインベット、ドントパスラインベット、カムベット、ドントカムベットと同時に賭けることができます。 パスラインベットとカムベットでは、7の前に場の目が出れば勝ちとなります。 ドントパスラインベットとドントカムベットでは、場の目の前に7が出れば勝ちとなります。 ペイアウトの倍率は、場の目の数によって異なります。 しかし、オッズベットの配当は常にトゥルーオッズとなり、クラップスの醍醐味はこのオッズベットです。 ク ラップスのハウスエッジを減額できるベッティングシステムや攻略法はありません。しかし、短期間で勝てるようになるお手伝いはできるかもしれません。ハウ スの控除率は、プレイヤーが勝ち、ベットに対してトゥルーオッズで配当されるときに、ハウスがプレイヤーに払う金額によって決まります。 プ レイヤー達がベッティングシステムを利用するのは、その確率を試してみて、しばらく勝ち続けたいとするからです。このシステムは、短かい期間は役に立つか もしれませんが、一晩中は効果を発揮しません。加えて、クラップステーブルで、できるだけ長くお金をもたせる方法にもアイデアがあります。6にCPRす る。しかしやはりハウスエッジを下げることには役立ちません。 賭 けた後ポイントがもらえるパスラインベットに加えて、さらにもう一度ベットできます。このベットは、テーブルのどこかに描かれているわけではないし、テー ブルに従事するスティックマンまたはスティックウーマンは、ベストな賭け方は決して教えてくれません。ここに関係するハウスエッジは1オンス分もありませ ん。

コメント