マラソン

DOUBLE BALL ROULETTEの遊び方、確率とハウスアドバンテージから見る有利な賭け方

確率ジャックポットルーレット配当 – 7553

フラワーベット法を50ゲーム行った検証結果

ベラジョンカジノのCasino Paris(Evolution Gaming)にあるいわゆるライブルーレットの1つ 「Double ball Roulette」 について解説するとともにプレイしていきます。 一般的なルーレットは配当金が高くても35倍がせいぜいですが、 Double Ball Rouletteでは最大倍の配当があるので大きく稼ぎたい方にもお勧め ですね。 Double Ball Rouletteはライブゲームなのでディーラーによる進行が繰り返し行われており、 ベッティングタイムにも制限 があります。 アウトサイドベットは2個のボールが同じエリアに入らないといけないのに対して、インサイドベットは2個のボールのうち1個でも入れば勝利 となります。

確率ジャックポットルーレット配当 – 12293

Double Ball Rouletteの遊び方やベットの仕方

特定取引情報 ルーレット1点張りの極意 一 極 法。 今までルーレットのベッティングシステムはアウトサイド(赤黒、コラムなど)ばかり研究してきた。 インサイドは確率が悪く、始めから無理だと無視していたのである。 それが、あるときライブのネットカジノで、インサイド専門の張り方を見て、このような賭け方もあるのかと目が覚めた。 それはフラワーベットに近い方法で、インサイドに10点近くも張り、それが不思議なほどよく当っていた。 右図がフラワーベットで、23を中心にして花のようにベッドする。 中心の23に当れば144倍の高配当。 23以外の19~27に当っても必ず利益となる。 表を見て分かることは200回以上のハマリは少ないが、100回以上はかなり頻繁に出現する。 さすがに300回以上は1回のみで、どうやら 最大のハマリは300回転台と思われる。 100回以上のハマリが連続して出現することがあり、また、連続の後に1~2回の間をおいてまた100回以上のハマリとなるなど、通常のベッティングシステムでこれを攻略するのはかなり難しい。 特に1回の当りで、それまでの損出をカバーする方法では危険が大きく、いつか必ず破綻する。 このルーレット一極法は上記のようなハマリを回避し、必ず訪れる当りの集中帯にて資金を増加させる方法である。 ルーレットで勝つコツはハマリを見極め、連続して当る番号を見つけることが最重要と言える。 パチンコではハマリ台を打つのは厳禁である。 1000回以上も当っていないと、もうそろそろ来るのではと打っても、ほとんど損となる。 たとえ当ったとしても、単発で終り飲み込まれてしまう。 表では12番がそれに相当する。 100回以上のハマリが4回、200回以上が3回も出ている。 このような番号をもう来るだろうと意地を張って粘ると、最悪の結果になる。 「当たり台を追え」 はパチンコだけではなく、ルーレットでも同じである。 確率的に考えると大ハマリを追うのが論理的に思えるが、ギャンブルではそれが傷口を深めることになる。 連続当りの集中地帯 ル-レットを長く続けていると、途中で頻繁に同じ番号が続けて出ることがある。 下図では0が続けて出ている。3回連続も意外と多い。 ルーレット一極法ではこのような連続局面で威力を発揮する。 左は20が連続5回出ている、珍しい例。 非常に珍しいが、ギャンブルに絶対という言葉はない。 あり得ない様な現象が生じるのがカジノである。

98.48%法(2/3ベット法)を50ゲーム行った検証結果

ルーレットは、「カジノの女王」とも呼ばれる花形ゲーム。ルーレットと聞けばカジノを思い浮かべるのではないでしょうか。 大きいテーブルに大きいホイール(回転盤)にディーラーがボールを回す姿は非常に格好がいいものです。 ただ、チップの色が限定数しかないために参加人数が限られます。赤・黒に賭ける程度で参加するのはどうしても敷居が高く感じます。 また、ベテランディーラーならば狙ったポケット近辺にはボールを落とせるということです。 そのために、ボールを回転させてからもベットが可能ですね。オンラインカジノでもライブゲームなら可能でしょうが・・やってないでしょうね。 それほどのベテランディーラーはいないですし、コンピュータ画面を見ながらのカメラ前での操作ですからね。見る人が見ればすぐにわかります。 ルーレットのホイール(回転盤)には均等に区切られたボールの落ちるポケットがあり、数字が記されています。 ポケットには赤か黒かの色がついており、0(00、)は緑色です。 ホイールの種類はヨーロピアンスタイルルーレット、アメリカンスタイルルーレットの2種類が主流で、ホイールの種類によって数字の並びやオッズが異なります。 ヨーロピアンスタイル 37区分(1から36、0) アメリカンスタイル 38区分(1から36、0、00)です。

コメント