マラソン

1000万円稼ぐ人もカジノ実現で「ディーラー」希望者が急増中

スキルゲームマリーナベイサンズカジノ – 12369

年俸1000万円超のディーラーもいる

カジノにはゲームの種類がたくさんありますが、大きく分けるとルーレットやシックボー 大小 などのテーブルゲームと、スロットマシンの2種類があります。ゲームの遊び方ですが、例えばルーレットは、ディーラーが回転盤に投げ入れたボールが止まる番号と色を予測するゲームです。 シックボー 大小 は、3つのサイコロの目を予想するゲームで、11~18の大か、または3~10の小かを当てるものから、さらに細かく数字を当てるものまで、倍率も実に様々です。ブラックジャックは、与えられるカードの合計点数を21点にするか、またはより21点に近いカードを得た人が勝ちになるゲームです。 all photos by shutterstock。

スキルゲームマリーナベイサンズカジノ – 19484

カジノのやり方・遊び方

画像素材:PIXTA 今年9月、横浜で「ギャンブル依存症が増える」「治安が悪化する」といった理由から、カジノ誘致を反対する声が上がった。確かにカジノといえば危ない印象がつきまとう。でも、世界のカジノをよく知る人からはそのイメージを残念がる声も。世界ではどんな場所だと思われているの? 日本では知られざるカジノの魅力を、カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。 本来は健康的な場所? ゴージャスなオトナの遊び場。 画像素材:PIXTA 年12月に「カジノ法案」が成立して以来、しばしばカジノに注目が集まっている。大きな観光資源になるという賛成派の声がある一方で、今年9月には横浜でカジノ反対派が声をあげ、一悶着あったばかりだ。悪いイメージが先行しているが、そもそもカジノとは、世界ではどういう位置付けなのだろう? 「日本では競馬やパチンコと同じギャンブルとして後ろ暗い文脈で語られるのですが、それは大きな誤解です。世界におけるカジノは、高級ホテルや豪華客船と同じ、きらびやかで美しい世界なんですよ」と教えてくれたのは、日本カジノ学院代表・贄田(にえだ)崇矢さんだ。 そもそもギャンブルの歴史をひもとくと、有史以来、私たちのご先祖は石や木片、動物の骨などをダイスとしてさまざまなゲームを考案して遊んできた。そして、17世紀のイタリアで産声をあげたのがカジノだ。 「男性はスーツやタキシード、女性はカクテルドレスというドレスコードがあるカジノもあって、世界では週末におしゃれをして観劇にいくようなイメージの場所なのです。マフィアが出入りするような一部の裏カジノはさておき、本来のカジノはセキュリティの行き届いた場所であり、非日常の世界に浸りつつ、ゲームで遊べる健康的な遊び場なのです」(贄田さん)。 世界のカジノをのぞいてみよう! 人気カジノ3選。 どうせ遊ぶなら勝ちたい! 必勝法はあるの?

コメント